体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【警察からの情報漏洩に反対する署名】不法な情報漏洩と便宜供与に反対し情報公開の適正化を求める署名

警察オープン化署名

警察から一部商業媒体(マスメディア・マスコミ)への不法な情報漏洩と便宜供与に反対し、オープン化と適切な情報公開を求める署名がスタートしました。

まずは警視庁に対し調査と関連する情報の公開を求めるとともに、このようなことが再発しないようにオープン化を求める内容の署名です。

賛同される方は署名をお願いいたします。「請願主文」を印刷し、賛同者の欄に自筆でお名前と住所をお書きいただいた上で集約先へ郵送お願いいたします。集まった署名は内閣総理大臣へ提出予定です。

請願主文+署名用紙【印刷用】
署名用紙のみ【欄が足りない場合の追加用】

賛同者欄が足りない場合は、「署名用紙」だけ印刷していただいて追加をお願いいたします。ツイッターでコメントを残したい方はこちらからお願いします。ツイッターは正式な署名とはなりませんので、できる限り紙での手書き署名にご協力ください。

署名の趣旨説明

署名用紙に書いてある内容をそのまま掲載します。

内閣総理大臣野田佳彦殿

■警視庁とマスコミの情報癒着に反対し、オープン化と適切な情報公開を求める請願書

警視庁から一部商業媒体(マスコミ)に対して情報公開に関する特別な便宜がはかられているという疑念(情報癒着問題)があります。しかしその件についての調査がおこなわれていないばかりか、改善策も示されておりません。警視庁は公的機関として国民・都民に対し適切な情報公開をおこなう必要がありますが、現状はその責務を果たしているとはいえません。公正な情報公開がおこなわれているかどうか直ちに調査をおこなうことを求めるとともに、適切な情報公開のためにトップの定期的なオープン会見の開催とウェブでの情報公開の実施を請願いたします。

1.警視庁からマスコミへ提供した情報の全開示(2010年以降)

警視庁側からどの媒体へどのような便宜がはかられたのかを明らかにするため、2010年以降、警視庁からどのような情報をメディアへ提供したのか、その総てを詳細に開示することを要求します。いつ、どこで、警視庁側の誰が、外部の誰に対して、どのような情報を提供したのか、その総てを開示してください。2010年には「大相撲賭博事件捜査情報漏洩事件」が発生していますが、警視庁側の捜査情報漏洩ルートの解明はおこなわれておりません。この事件以降のメディア提供情報を明らかにしてください。

2.警視庁トップ会見の定期的実施

警視庁の代表が国民・都民からの疑問に答える場を定期的に設け、オープンにすべきところはオープンにしてください。警視総監の会見を週に1回、定期的におこない、国民・都民の質問に答えてください。警視庁で行われる会見は今後総てフルオープンでおこない、特定の商業媒体(マスコミ)だけではなく、ブログメディアやメルマガ、市民メディア、フリー記者からの質問も受け付けるとともに会見の内容はすべてリアルタイムにネット生中継をおこない、映像と音声は録画保存し誰でも閲覧できる状態でただちに公開してください。

3.特定の媒体のみに便宜をはからない適切な情報公開の実施

国民に直接公開できないような情報はマスコミをはじめとする特定の者に公開しないでください。警視庁から出される総ての情報は、誰でも容易に閲覧できるウェブサイトで漏れなく公開するよう求めます。

署名参加の方法

●請願書の趣旨にご賛同いただける方はご署名の上2012年7月1日必着で集約先まで郵送ください。
●署名は賛同いただける方であればどなたでもできます。年齢制限はありません。
●署名は自筆でお願いいたします。また、住所は番地までお書きください。
●賛同者名簿は内閣総理大臣に提出する予定です。
●賛同者名簿は個人情報保護法に基づいて使用し、他の目的には使いません。

以下、印刷してご利用ください。

趣旨説明と署名用紙【印刷用】

欄が足りない場合はこちらを印刷して追加してください「署名用紙のみ

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。