ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

Instagram比率のアナログインスタントカメラがKickstarterに登場

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
デジタルカメラの発達で、アナログカメラはこのまま消え去るのみと思われていた。手間がかかり画質もクリアではないアナログカメラは、しかしそうであるからこそ命脈を保っているようにも思える。

フィルム特有の画質とInstagramのコンセプトは、極めて親和性が高いのだ。そしてその中で、ユーザーは「デジカメにはない味わい」をInstagramで学んだ。

クラウドファンディングでは、新しいアナログカメラが出展されている。

Instagramと同じサイズ比率

「Lomo’Instant Square Camera(以下Lomo’)」も、そのような製品のひとつ。これは富士フィルムのチェキシリーズ「instax SQ10」というカメラと同一の、1:1フォーマットフィルムを使用する。いわゆる「Instagram比率」である。

だがSQ10がデジタルカメラなのに対し、Lomo’はあくまでもアナログカメラである。

アナログ独自のぼやけ具合、感光の微妙なズレが芸術的表現をもたらす。とくにLomo’は多重露光モードを備えているから、被写体を分身させる撮影も可能だ。だからといって操作が難しいというわけでもなく、絞り値やシャッタースピードなどを自動調整するオート撮影モードも用意されている。

そしてシャッターリモコン。これはもしかしたら、一番重要な要素かもしれない。今の時代、自撮りはカメラの主任務のひとつである。

日本語の説明ページも

Lomo’は自ずと現代のトレンドを体現している。先述の通り、今はアナログカメラへの回帰が進んでいるのだ。

クラウドファンディングサービス「Kickstarter」では、139ドル(約1万5200円)からの投資で提供されるようだ。配送は来年3月の予定。日本へは別途25ドル(約2700円)の配送料が加算される。

嬉しいことに、日本語の製品紹介ページが用意されている。こちらは中途半端な翻訳ではなく、恐らく日本人が手がけたのだろうか。ちゃんと敬体の文章が成立している。まずはこちらをチェックしてみるべきだろう。

Kickstarter

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。