体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冷蔵庫はどれを買うべき? 主要5社(日立、パナソニック、三菱電機、シャープ、東芝)に取材!

 

冷蔵庫の買い換えを考えているなら必見! おためし新商品ナビでは以前も5つのメーカーに取材したが、今回も現在発売中の機種(2016年モデル)を紹介。それが今まさに買い時な理由と、旧モデルとの違いをまとめてチェックしよう。

そもそも冷蔵庫の買い時っていつ? 最新型ばかりが選択の余地じゃない理由

冷蔵庫は毎年一回、秋ごろに新モデルが発表される。この記事で紹介するのは現在発売中の「2016年モデル」だが、あと2~3ヶ月もすれば「2017年モデル」が店頭に並び始めるはず。そのとき旧モデルは5万円くらい値引きされるので、とにかく安く買いたいなら10月頃に旧モデルを狙うのがベスト。

 

今どきの冷蔵庫はどれも完成度が高いので「冷えればOK」程度の考えなら、旧モデルを含め、どれを買っても満足できるはず。たとえば電気代(消費電力)は10年前のモデルと比べおよそ半分になっている。

 

もちろん最新モデルは毎年確実に進化しており、所有する満足感もある。この記事では主要5メーカー(日立、パナソニック、三菱電機、シャープ、東芝)それぞれの先進機能、および旧モデルからどこが進化したかを紹介する。

 

 

日立(HITACHI)の冷蔵庫は、実用的なバランス感覚が最強!

バランス感、それが日立(HITACHI)製冷蔵庫の持ち味。「肉と魚と野菜。食品の鮮度維持は日立が強いですよ!」とは、記者が立ち寄った家電量販店店員の言葉。多くの家電サイトでも「迷ったらとりあえず日立」「日立がひとつの基準」などと書かれていたりする。

日立 505L 6ドア冷蔵庫(クリスタルブラウン)HITACHI 真空チルド R-XG5100G-XT

具体的には「真空チルドルーム」と「新鮮スリープ野菜室」という特許技術を保有しているのが大きな特徴。※これらの詳細なメカニズムについては、前回の取材記事を参照いただきたい 日立の広報に取材したところ2016年モデルでは2015年モデルと比べて、炭酸ガスの生成量を増加した新プラチナ触媒を採用したことで、さらに鮮度とおいしさをキープできるようになったとのこと。

プラチナ触媒で、野菜の鮮度を保つ! ※画像は旧モデル

 

ほか細かな工夫として、大きな鍋などがそのまま入る「かわるん棚」や、日立のほかには東芝だけが採用する「電動ドア」も嬉しい。

大鍋や、スイカも丸ごと入る「かわるん棚」。 ※画像は旧モデル

 

なお、2015年以前の旧モデルからの主な改善点はもうひとつ、冷凍室のアルミトレイが大型化して、薄物ケースにぴったり設置されるようになったこと。これによってアツアツご飯などを平らに並べて、一気に冷凍できるようになっている。日立はこの機構を「デリシャス冷凍」と名付けている。

 

クルマでいえばトヨタ、携帯電話ならドコモのようなイメージで語られる日立の冷蔵庫。いわゆる優等生。だが他社の冷蔵庫もそれぞれ違った個性を持ち、それぞれの魅力にあふれている。次はパナソニックの冷蔵庫を紹介しよう。

 

 

パナソニック(Panasonic)のスタイリッシュな冷蔵庫で、生活がアがる!

スタイリッシュな暮らしを実現するのがパナソニック(Panasonic)の冷蔵庫だ。直線的な外観デザインだけでなくドアを開けた内観もスマート。3方向からのLED照明が庫内を照らす。いつもの食材がぐっと美味しそうに見える! パナソニックの冷蔵庫は所有しているだけで気分が高揚する。まさにパナソニックが標榜する「ふだんプレミアム」である。

パナソニック 501L 6ドア冷蔵庫(オニキスミラー)Panasonic エコナビ NR-F502XPV-X

デザイン先行ではなく、機能と一体のデザインだから素晴らしい。高級ベアリングを使用して引き出しが大きく開く「ワンダフルオープン」。冷却器を上に持っていくことで、庫内を広く感じさせる工夫。500mlビールが縦置きできる棚もいい。ちなみに棚板はすべてガラス製だから輝きと清潔感がある。この輝きの美しさは、実物で見比べるとけっこう違う。

美しいオールガラス棚に500mlビールが縦置き可能。 ※画像は旧モデル

 

発売中の2016年モデルは前のモデルと比べ、冷却スピードがアップした。おかげで食材だけでなく作り置きの総菜も1週間程度の保存が可能となった。従来のシャワー冷却に加え、食品の熱をすばやく奪う「アルミ冷却プレート」を搭載したこの機構をパナソニックは「酸化ブロック冷却W」と名付けている。また野菜コーナーの湿度コントロールの性能をアップした「Wシャキシャキ野菜室」で、野菜の鮮度をより長持ちさせられるようになったという。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。