ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ミスiDセミファイナリストに残った“CG美少女”sayaの生々しさ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-09-02-21-42-02

講談社主催の女の子オーディションプロジェクト『ミスiD』。そのセミファイナリストである3D CGの美少女『saya』さんがすごいとSNS上で話題となっている。

その動画はこちら。
https://youtu.be/GCICGJhfjM0

どうだろう。頬を膨らませたり、しゃべり始める時の唇がちょっとくっついてから開く感じなど、妙な生々しさが感じられると思う。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-09-02-21-41-53

SNS上でも絶賛の声が挙がっている。

・動く姿と表情が違和感を忘れるかわいさ
・日本のCG技術凄いね。本物の人間にどんどん近付いている。
・ここまで人間的なCGができるとはすごいですね
・絶対スキャンダル起こさないから、CM女王になるんじゃないの

『saya』さんは3D CGアーティストユニット『TELYUKA』によるもの。2015年に発表されたバージョンの『saya』さんの画像も当時、大きな反響を呼んだ。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-09-02-21-40-52

ロボットや3D CGでは、リアルな人物に近づけようとしたときに突然違和感が強くなる、通称“不気味の谷”と呼ばれる現象がある。どんな「人形」でも避けては通れない“不気味の谷”だが、『saya』はそこを超えてしまっているとも言われている。
筆者主観では3D CGで不気味の谷を越え切った、初めてのキャラクターかもしれないとも感じたが、SNS上では「あまりにリアルだと怖くなる」「何故か?不気味な気持ちになる」という声もあった。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-09-02-21-41-38

「新しい時代にふさわしいまだ見たことのない女の子」を探すというオーディションプロジェクト、確かにまだ見たことのない女の子であることは間違いない。

ちなみに、ミスiDセミファイナリストの中には、人工知能の『りんな』さん(No.129)、ドールの『橋本ルル』さん(No.82)も残っている。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-09-02-21-51-41

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2017-09-02-21-52-24

ミスiD セミファイナリスト
http://miss-id.jp/semifinalist/2018

画像は『ミスiD』動画・公式サイト、『TELYUKA』サイトより引用。

オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。