体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

超音波水流でブラシの届かないところまで汚れ除去が可能な『ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71』の底力

超音波水流をジェット噴射して歯間や歯周ポケットに入り込んだ食べかすを吹き飛ばす『ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71』。このすっきり感は一度味わうとクセになること確実。歯周病世代、口臭の悩みなどを抱えている人にとっては、もはや必需品か!?

フロスでダメなら超音波水流の力。磨けない、フロスの通らないややこしい隙間の汚れまで一気に洗い流せる!

 

口腔洗浄器というジャンルに入る「ジェットウォッシャー」。勘違いしてはならないのが、基本的には電動歯ブラシ、もしくは手磨きでのブラッシング後、デンタルフロスのタイミングで使用するものであること。「ジェットウォッシャー」単体で全ての歯磨き工程が終了するわけではない。

サイズ感は高さ280×幅125×奥行140mm(ノズル含む)と、前モデルEW-DJ61(高さ265×幅174×奥行84mm)より高さは15mmほど上がったが設置面積が大幅に小さくなった。限られた洗面台スペースにも置きやすい。

他のメーカーだとフィリップスの、空気を混ぜ込んだ水を送り込んで汚れを吹き飛ばす「ソニッケアー エアーフロス」という製品もあるが、たっぷりの水流で洗い流すパナソニックの「ジェットウォッシャー」とはまたニュアンスが違う。特に今回試用したパナソニック『ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71』(実勢価格 税込約12,800円・2017年5月発売)は、これまで”ジェットウォッシャーは痛い”印象を持っていた歯茎に問題のある人に好ましい変化を遂げた製品だ。

記者も最近歯が痛くなり歯医者に駆け込んだら、「これは知覚過敏ですね。コーティングすることはできますがすぐ取れてしまうかも。フロスで汚れが残らないように磨いてください」とこれといった決定打的治療を受けられなかった。なるほど、虫歯のように削ればいいというものでもないと。激痛というほどではないが十分痛いというのに。毎日が不快で、QOLは明らかに低下する…。

 

 

その時歯科医に勧められたデンタルフロスを試していたのだが、一向に良くなる気配がない。知覚過敏用の歯磨き粉や洗口液などもいろいろ試したのだが。そんな時に渡りに船とばかりに舞い込んできたのが、この『ジェットウォッシャー ドルツ EW-DJ71』の試用依頼だ。これは楽しみだ。

 

以前よりも”痛くない”進化を遂げて、口内環境に問題を抱える不安顔の人々に安らぎのウォッシャー体験を!

以前使った時の「ジェットウォッシャー」というものは、ずばり”きれいになるかもしれないが結構痛い”という印象だった。腫れていたりする部分も荒々しく攻め込んでくるワイルドな感覚。最近は知覚過敏な人になってしまったので、余計に恐れが先に立つ。

1 2 3次のページ
おためし新商品ナビの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。