体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

冷凍食品だけで3食作るとどんな食生活になるのか試してみた

f:id:uralatokyo:20170520173817j:plain

独身男性にとっては1食まるまるフォローしてくれるものとして、お弁当を作る人にとっては欠かせないおかずとして、今や日本人の食生活に欠かせない存在として君臨している冷凍食品。

一般社団法人日本冷凍食品協会のホームページには冷凍食品の魅力が次のように紹介されています。

ずっと-18℃以下で管理されるから衛生的でおいしさもキープ

腐敗や食中毒の原因になる細菌は、低温状態では活動できません。冷凍食品は生産から販売までずっと-18℃以下で管理されているため衛生的。

急速凍結で食品の細胞をこわさず、栄養もそのまま

低温で急速に凍結された冷凍食品はおいしさや栄養もそのまま。だから上手に解凍すれば、とれたてつくりたてを再現できます。

下ごしらえいらずで、食べる分だけ使えるからとってもエコ

冷凍食品は前処理がしてあるので、捨てるところがなく無駄もありません。さらに食べたい時に食べる分だけ使えるから、とってもエコなんです。

保存がきき、買い置きができる

食べたい時に旬を選ばずに食べられる上、保存がきくので便利。買い置きもできるので、買い物に行けない時にも助かります。

簡単におかずが増やせる

種類も豊富なのでメニューを一品増やしたり、お弁当に彩りを添えることができるのも冷凍食品の魅力。

しっかりした安全管理で、信頼して使える

日本冷凍食品協会会員メーカーの冷凍食品は、冷凍食品認定制度に基づいて原材料の徹底した管理、製造工程のチェック、従業員教育など安全対策をきちんと行っています。常に厳しくチェックされている冷凍食品。認定制度に適合した工場の製品には「認定証マーク」がつけられます。

一般社団法人日本冷凍食品協会「冷凍食品の魅力 | 冷食ONLINE」より

ちょっと、いいことずくめじゃないですか。

では、3食すべて冷凍食品にしたらどんな食生活になるのでしょう?

ということで、やってみましたよ。1日の食事をすべて冷凍食品にしてみたら、どんな食事になるのか。

栄養は、ボリュームは、味は、見た目は? 1日で飽きることはないのかも気になります。

今回は 同じ商品は複数使わない 揚げる、炒めるといった高度な調理はなし。調理済みで温めればできあがりの商品のみとする

という条件を付けて冷凍食品を選んでみました。

その結果がこちらです!

朝食

パンケーキ またはピザ または焼肉ライスバーガー 3種のサラダ

f:id:uralatokyo:20170520173831j:plain f:id:uralatokyo:20170520173859j:plain f:id:Meshi2_IB:20170630165128j:plain
1 2 3次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。