体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

アメリカ音楽の歴史がわかるSPレコード2万5000枚以上が無料でダウンロード可能に

電子図書館「インターネット・アーカイブ(Internet Archive)」では、19世紀末から1950年代にかけて米国で製作されたSPレコードを対象に、デジタルアーカイブ化をすすめている。

・20万枚以上のSPレコードをデジタルアーカイブとして保存

“78rpmレコード”とも呼ばれるSPレコードは、天然樹脂「シェラック」を原料としているため、もろくて衝撃に弱く、1950年代頃から急速に普及したLPレコードよりも古い規格ゆえ、これに対応するレコードプレーヤーが年々、少なくなっている。

そこで、「インターネット・アーカイブ」は、所蔵する20万枚以上のSPレコードをデジタルアーカイブ化しようと、音声アーカイブの専門企業「George Blood LP」やニューヨークの音楽図書館「ARChive of Contemporary Music」と提携し、「グレート78プロジェクト(The Great 78 Project)」を立ち上げた。

「インターネット・アーカイブ」の公式ウェブサイトでは、ジャズやブルース、ハワイアンなど、多ジャンルにわたり、SPレコード2万5000万枚以上のデジタルデータがすでに公開され、誰でも無料でダウンロードすることができる。

・ゲームやアートブックなどもデジタルアーカイブ化

「インターネット・アーカイブ」では、これまでに、パブロ・ピカソらのアートブックのほか、1970年代から1990年代に開発されたビデオゲームもデジタルアーカイブ化して、オンラインで公開してきた。

これらのプロジェクトと同様、「グレート78プロジェクト」は、SPレコードに収録された数多くの作品を半永久的に保存するのみならず、デジタル化によって検索性を向上させ、パブリックドメインにすることで、これらを万人に広く開放している点が秀逸だ。

The Great 78 Project

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。