体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【アキバ会社見学】視線追跡VRのFOVEが秋葉原に移転! 新オフィスを見学させてもらいました

【アキバ会社見学】視線追跡VRのFOVEが秋葉原に移転! 新オフィスを見学させてもらいました

VRヘッドセット『FOVE』を開発するFOVE社から、オフィス移転のお知らせが届きました。よく見てみると、なんと移転先は秋葉原のガジェット通信編集部の隣のビルじゃないですか! さっそく、新オフィスを見学させていただきました。

fig2

『FOVE』は、赤外線を照射して目の動きを読み取る“視線追跡技術”を採用したVRヘッドセット。ポジショントラッキング用のカメラも付属し、頭部の位置と動きが検出可能。ユーザーの視線を追跡することにより、ユーザーの視線を利用してコンテンツを操作できるのが最大の特徴です。このほか、ユーザーが見ているオブジェクトに高精度でフォーカスする、ユーザーが見ている部分のみピントを当てて周囲の映像をぼかす、頭部の余計な動きを抑えてVR酔いを低減する、といった機能が特徴。現在、VRコンテンツ開発者向けの『FOVE 0』を販売しています。

fig3r fig4

オフィスのエントランスでは最新機種の『FOVE 0』のほか、過去に製作した試作機の数々を展示。『FOVE』の開発の歴史をたどることができます。

fig5 fig6 fig7

現在、30~40人が働いているという新オフィス。その約8割は開発スタッフなのだとか。オフィスの席はフリーアドレスで、オープンな席に座ったり、開発に集中したいときは個室スペースにこもって作業しているそうです。ポジショントラッキングカメラを利用する『FOVE』は強い光が邪魔になるため、少し照明を落とした個室スペースが用意されているのが印象的でした。

fig9 fig10

とはいえビルは中央通りと蔵前橋通りの交差点にあるので、全体としては開放的で明るいオフィス。休憩スペースでは、抜けのよい中央通りの眺望が楽しめました。これはリフレッシュできそう!

1 2次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。