ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

『ハイスクールマンザイ2017』の追加エントリー8月9日まで募集中! 漫才コンビ・霜降り明星からのメッセージも

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

yoshi

全国の高校生が漫才日本一の座を巡ってしのぎを削るグランプリ『ハイスクールマンザイ2017~H-1甲子園~』

2017年4月13日にエントリーが開始して8月12日から16日にかけて準決勝戦が予定されているが、応募者多数につき直前の今になって追加エントリー募集が発表された。

ハイスクールマンザイ追加エントリー募集について

【期間】
8月4日~9日

【結果発表】
8月10日

【予選・本線日程】

準決勝:8月16日 全国6エリアにて
決勝:8月27日 なんばグランド花月(大阪)

【優勝特典】
・お笑い奨学金50万円
・NSC特待生(入学金・年間授業料免除)
・よしもとタレントとTVや舞台で共演
など

【エントリー方法】
動画を提出(準決勝2分以内・決勝戦3分以内)
エントリーフォーム: https://secure.yoshimoto.co.jp/highschool-manzai/

また上記オフィシャルサイトではハイスクールマンザイ出身者によるコンビで7月9日に開催された『第38回ABCお笑いグランプリ』で優勝した霜降り明星が今年のチャレンジャー達にむけてメッセージを寄せている。

せいやさん:迷ってるんだったら絶対出たほうがいいですよね。やっぱり人生でこんなことないんですよ。だって、高校生が漫才で日本一なれるってこれだけなんで。M-1ってなかなか無理じゃないですか、やっぱり。高校生の同世代で見て来たものも同じ、感じたものもまぁ似てる奴らで、闘うってことは大チャンスだと思うんです、名乗りを上げる。ちょっと自分がおもしろいって奴は出た方がいいですね。

粗品さん:ハイスクール漫才に出たということで、面接とかですごい好印象というか、履歴書にかけるので、ぜひ!プラスにしかならないと思いますよ!(中略)ハイスクール漫才に出たということで、面接とかですごい好印象というか、履歴書にかけるので、ぜひ!プラスにしかならないと思いますよ!

こういった学生向けコンテストではプロを目指すことも重要だが、純粋に力試しをして世間を知ったり、思い出づくりをすることが目的でもまったく問題ない。

お笑いを愛する高校生諸君はぜひこの機会に一歩足を踏み進めていただければと思う。

※画像は『ハイスクールマンザイ2017』オフィシャルサイトから引用しました
http://www.highschool-manzai.com/ [リンク]

中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。