体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「大人になっても音感は身につく」ってホント? 童謡を聞くだけで音感が身につくCDブックが出たよ

 カラオケで音程をはずさずに歌えたり、聞いた曲を楽器ですぐ演奏できたり、そういう人たちに対して「耳がいいね」「音感あっていいね」と言うことがありますよね。親が我が子に「早いうちに音感を身につけさせたい」というのも、耳にすることがあります。この「音感」って、実は2種類あることを知っていますか?

音感には2種類あります。あなたの音感はどっち?

■絶対音感
 ある音を聞いて、他の音と比べなくとも、何の音だか言い当てることのできる音感を「絶対音感」といいます。「絶対音感」は、ある年齢以上になると身につけるのが難しいとされています。

■相対的音感
 単体の音だけでは何の音だか聞き取れなくても、メロディの中でのドレミファソラシドを聞き取る能力を「相対的音感」といいます。「相対的音感」は、大人になっても習得可能なのです。

「大人になっても音感が身につく」本が出た!

 リットーミュージックから発売された『童謡を聞くだけで音感が身につくCDブック』は、子供でも大人でも“付録CDに収録された童謡を聞くだけ”で音感が身につく一冊です。音楽の専門出版社が自信を持ってオススメする音感本、まずは付録のCDを試聴してみましょう!

CDには20曲の童謡・唱歌が収録されています。

ふじの山
うさぎとかめ
どんぐりころころ
春よ来い
春が来た
うさぎうさぎ
背くらべ
茶摘(ちゃつみ)
故郷(ふるさと)
あめふり

しゃぼん玉
さくらさくら
荒城の月
紅葉(もみじ)
浜辺の歌
七つの子
叱られて
赤とんぼ
てぃんさぐぬ花

「童謡」「唱歌」は音楽を学ぶための恰好の教材

 このCDブックで扱っているのは、大正時代以降に子供のために作られた「童謡」と、明治から昭和にかけて教科書などに掲載するために作られた「唱歌」(文部省唱歌)です。童謡と唱歌はちょっとルーツが違うのですが、どちらも子供たちに豊かな音楽性を身につけさせるための歌です。

 音楽性というと曖昧ですから、“童謡と唱歌は、ドレミファソラシドを組み合わせて作れる常識的なメロディのあり方を教え、音感を身につけさせるために作曲されている”と言い換えてもいいでしょう。現在の流行歌に比べると短い曲がほとんどですが、その中にいろいろな音の組み合わせが使われていて、実は大人にとっても音楽を学ぶための恰好の教材なのです。

知っている曲をドレミで歌ってみよう!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。