体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マウスコンピューターの『親子パソコン組み立て教室』レポート 真剣な顔でパソコンと向き合う親子の姿がそこに

7月29日に長野のマウスコンピューター飯山工場にて『2017年度 親子パソコン組み立て教室』が開催。親子が協力してパソコンを組み立てる同イベントは今回で8回目となる。体験者から「また来たい」と評判の高く、遠方からも参加者がいる激アツイベントと話題だ。実際、どんなことをしているのだろうか。マウスコンピューターは手作りにこだわりを持つパソコン製造メーカーである。これは期待感がある。

サブカルライター・モトタキがマウスコンピューターさんの協力の下、密着取材してきた。

会場は満員御礼

東京駅から最寄りの飯山駅までは北陸新幹線を利用すれば1時間51分。意外と近い。駅もきれい。そこからタクシーに乗って、やってきましたマウスコンピュータ飯山工場。

受付をする参加者たちが絶え間なく現れる。

会場に入ってみると満席だった。35人の子供たちが参加。学校1クラス分は集められていることになる。


会場ではマウスコンピューターの手作業への思いが込められた歌『もしもロボットがいてくれたら』 が流れていた。

関係者からの挨拶

小松永門社長からの挨拶があった。「自分で自作のパソコンを組み立てると、そこからパソコンとの長い長いお付き合いがスタートする。パソコンがどんな風にできているのかを実感してほしい」。

イベントには飯山市市長である足立正則氏も訪れた。「飯山市は沢山の自然に囲まれた環境です。しかし、コンピュータを作っています。これから先の時代は、全てがパソコンとつながっていきます。ぜひとも飯山で最先端のテクノロジーに触れてください」。

親子パソコン組立教室校長の勝山友和氏の挨拶もあった。“自作パソコンの楽しさ”について語る勝山氏。後でパソコン組み立てをする上で注意したいパーツ解説のコーナーを実演する様子もお伝えする。その時の子供たちの食いつき具合いはすごかった。

まずは工場見学へ

挨拶が終わると工場見学の時間になった。参加者たちは3グループに分かれて、工場内へと入っていく。

マウスコンピュータのパソコンの多くを製造する飯山工場の製造ラインや、組み立てたパソコンの動作をチェックする検査エリア。そしてパソコンを箱に詰める出荷エリアまでを見学。

先生役のスタッフが溌剌な声でエリアごとに「ダンボールに貼り付けた紙の色の違いでスケジュール管理をしている」などの小ネタを挟みつつ、どんなお仕事をしているのかを伝えてくれた。

参加者の子供たちはもちろん、保護者の方々も興味津々で聞いていた。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。