体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いざという時に役立つ!プロの【コーヒーの染み抜き】

いざという時に役立つ!プロの【コーヒーの染み抜き】

「うっかり洋服にコーヒーをこぼした!」。そんな方のために、洗濯代行サービス「WASH&FOLD」永井良房さんにコーヒーの染み抜き方法を教わりました。漂白剤でできるから、クリーニングに出す前に挑戦してみて! 外出先での応急処置などシーン別解決策も。

目次

コーヒーの染み抜き

こんな時どうすれば・・・染み抜きQ&A
WASH&FOLD 永井良房さん

洗濯代行サービス「WASH&FOLD」。コインランドリーとしておしゃれ着やスニーカー、ふとん類が洗える最新のランドリー機器を備えるほか、クリーニングサービスも提供。永井良房さんは水洗いクリーニング「Licue(リクエ)」の責任者として活躍中。

WASH&FOLD

コーヒーの染み抜き

こぼしてしまったコーヒーに何が入っていたのかがポイント! 白シャツを使ってコーヒーの染み抜きの方法をご紹介しましょう。

コーヒーの染み抜きをする前に

●洗濯表示をチェック
家庭では水洗いとなるので、水が使える生地かどうか、洗濯表示を確認。
水が使えない場合は、クリーニング屋さんなどプロに任せるべし。

●色落ちチェックはすべき?
色柄もののシミは「色落ちチェックをしてから」と言われていますが、基本的には色柄ものの染み抜きは家庭では行わないのがベター。
生地の裏などで色落ちチェックをして色落ちしなかったとしても、シミの部分とは状態が異なるのだそう。特にシミが古い場合は、色落ちの仕方が変わってくるので要注意です。

【洗濯豆知識】
漂白剤にもさまざまな種類があります。それぞれの性質を知って使い分けるとより効果的にお洗濯ができますよ。一般的には以下のように分類できます。

・酸素系漂白剤(粉末)・・・アルカリ性。植物繊維(綿、麻など)や化学繊維と相性よし。
              食べ物の多くが酸性なので食べこぼしの洗濯には効果大。
・酸素系漂白剤(液体)・・・酸性。動物繊維(ウール、シルクなど)と相性よし。
・塩素系漂白剤・・・アルカリ性。強アルカリなので生地を傷めてしまうため、衣類にはNG。

 

コーヒーの染み抜き

用意するもの

・酸素系漂白剤(粉末)
・お湯(60℃くらい)
・筆
・乾いたタオル2枚
・水を入れた洗面器

 

いざという時に役立つ!プロの【コーヒーの染み抜き】

乾いたタオル1枚を下に敷く。
こぼしたコーヒーがブラックならば、粉末タイプの酸素系漂白剤を1:5の割合でお湯で溶かし、筆でシミ部分にのせる。
コーヒーにミルクが入っていた場合は、すぐに熱を加えるとミルクのタンパク質が凝固して落ちにくくなってしまうので、粉末タイプの酸素系漂白剤をお湯でなく水に溶かしたもので、先にタンパク質を落とす。

いざという時に役立つ!プロの【コーヒーの染み抜き】

もう1枚のタオルを丸めた先で、下に敷いたタオルにコーヒーのシミを移すようにトントンとシミ部分を叩く。

いざという時に役立つ!プロの【コーヒーの染み抜き】
1 2次のページ
Pacomaの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。