体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

入場無料ってマジか?! 大人も子供も宇宙博士になれる「JAXA」の常設展示館「スペースドーム」

img_5474

宇宙航空分野の基礎研究から開発・利用に至るまで一貫して行う機関「JAXA(ジャクサ)」。テレビ等でこの名前を聞いても「すごいけど、自分とは遠い世界のことだ」と思っている方も多いはず。しかし、宇宙ってとても身近なんだ! と感じることが出来る場所があるのです。

img_5403

茨城県つくば市にある「JAXA筑波宇宙センター」は国内外に26箇所あるJAXAの施設の中でも規模が大きく、緑ゆたかな環境と最新の試験設備を備えた総合的な事業所で、日本の宇宙開発の中枢センターとしての役割を果たしています。展示や見学ツアーも行っており、年間およそ30万人の人が訪れているとのこと。

常設展示館「スペースドーム」では、日本の宇宙開発を進めてきたJAXAの歩みと取り組みの現状を分野ごとに見て学ぶことが出来ます。

img_5441

入り口すぐに大きな地球の模型があるのですが、これは100万分の1の地球。外側の白い層が大気圏を表しているのですが、地球の地表から大気圏って何万キロも離れているのかと思いがちですが、その距離はおよそ100km。直線距離にして東京から富士山くらいの距離しかないのです。宇宙ってそんなに近かったんだ! とビックリ。

img_5480

館内には様々な人工衛星の試験機や模型が展示されています。実寸大の展示は迫力満点。

img_5444 img_5445

実験用中型放送衛星『ゆり』は実機です!

img_5454

展示されているたくさんの宇宙機を見ていて気になったのが、「この周りのピカピカしたシートは何?」ということ。

img_5457

こちら展示品だからこうなっているワケではなく、実際に使われている断熱材がピカピカなのです。地球周辺の軌道をまわる宇宙機の表面温度は、だいたい陰の部分はマイナス150度、反対に日が当たっている部分はプラス120度ぐらいにまでなる過酷な環境の中、人工衛星内部の温度を一定に保つことはマスト。薄いアルミの様なシートやネットの様な素材が何重にも重なり、これで外壁を包んでいるのです。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。