体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

経験者が教える、マチュピチュへのアクセス方法と楽しみ方【現地ルポ】

経験者が教える、マチュピチュへアクセス方法と楽しみ方
ペルーのアンデス山脈、標高約2,450mの尾根に位置する古代インカ帝国の遺跡「マチュピチュ」。山裾から遺跡の存在が見えないことから「空中都市」「インカの失われた都市」とも称され、今なお多くの謎に包まれています。今回はマチュピチュを実際に訪れた筆者が経験した、アクセス方法や観光するポイントをご紹介しましょう。

クスコからマチュピチュへの鉄道旅

経験者が教える、マチュピチュへアクセス方法と楽しみ方
旅のはじまりはマチュピチュへの玄関口クスコという町。早朝発のバスに乗って駅に向かいます。

経験者が教える、マチュピチュへアクセス方法と楽しみ方
約2時間でパチャール駅到着。こちらからマチュピチュ行きの鉄道「ペルーレイル」に乗車。

経験者が教える、マチュピチュへアクセス方法と楽しみ方
ビスタドームという車両。列車の上部にも窓があるので、アンデスの雄大な自然やのどかな農村などの景色が楽しめます!

経験者が教える、マチュピチュへアクセス方法と楽しみ方
出発後サーブされる軽食。車窓を眺めながらの食事は至福のひと時に。

経験者が教える、マチュピチュへアクセス方法と楽しみ方
約2時間でマチュピチュ駅到着。

経験者が教える、マチュピチュへアクセス方法と楽しみ方
駅から少し歩いて、マチュピチュ行きのバス乗り場に向かいます。駅周辺のアグアス・カリエンテスは遺跡の麓に広がる村で、中央に川が流れておりまるで日本の温泉宿場街のような雰囲気。

そしてマチュピチュへ!

いよいよマチュピチュへ!

経験者が教える、マチュピチュへアクセス方法と楽しみ方
山道を登るバスに20分くらい揺られてマチュピチュ入り口に到着。事前に購入しておいたチケットを提示。

経験者が教える、マチュピチュへアクセス方法と楽しみ方
敷地内に入ってみると、急に強い雨が降ってきてしましい遺跡がほとんど霧でかくれてしまうことに・・・。

経験者が教える、マチュピチュへアクセス方法と楽しみ方
今日は難しいのかなと残念に思っていたところ、数十分待つと霧も少なくなってきて、遺跡もはっきりと見えてきました。

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。