体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

「人は裏切っても勉強は裏切らない」塾講師も顔負け!息子にガリ勉を強いる教育パパ……いつの時代も変わらぬ受験生の悩み ~ツッコみたくなる源氏物語の残念な男女~

いとこ同士の少年少女、幼なじみの初恋

源氏物語もここから話はガラッと変わり、源氏の(表向きの)長男・夕霧にスポットがあたります。生後すぐに母・葵の上を亡くした夕霧は、母方の祖母の大宮のもと、左大臣家で大きくなりました。

左大臣家には孫がもう一人預けられていました。頭の中将の次女の雲居雁(くもいのかり)です。母は皇族出身の高貴な女性でしたが、頭の中将とは離婚。その後、お母さんは再婚し、新しいお父さんとの間に子どももできたので、そっちで暮らすのは可哀想だろうとこちらに引き取られたのでした。なかなか家庭事情が複雑です。

源氏は須磨と明石をさすらい、復帰してからは多忙だし、頭の中将は滅多に大宮のところへ来ない。親に縁の薄い不憫な孫達を大宮は一層いとおしく思い、大切に育てあげます。ちなみに、雲居雁のほうが2歳ほど年上ですが、年より幼く能天気。年下の夕霧のほうが利発でしっかり者でした。

最初は姉弟同然の遊び相手として仲良くしていた2人でしたが、次第に夕霧のほうが悶々とし始め、いつの間にやら大人顔負けの深い仲に。今時は小学生で初体験も珍しくないそうですが、この2人も負けていませんね!イチャイチャしているうちにそんなこともしてしまったのでしょう。

頭の中将は「いくら仲が良くても、10歳を過ぎた男の子と女の子が一緒に寝るのはいかん」としつけていましたが、めったに来ない父親の言いつけなんてないも同然。さらに乳母や女房たちは(小さい頃から一緒なんだから、そんなこと言ってもねえ)と見て見ぬふりをしていたのも裏目に出た格好です。

幼い2人はうまく隠しきれず、関係は周りにバレバレ。でも女房たちは自分たちが叱られるのを面倒がって、大宮にも頭の中将にも報告をしませんでした。

塾講師?「勉強は裏切らない」発言の真意とは

そのうちに夕霧は12歳になり、元服することになりました。元服すれば一人前、官位も与えられて結婚もできます。思えば源氏も同じ年齢で元服、同時に葵の上と結婚しました。

京中が目をみはるような盛大な元服式を、おばあちゃんの大宮はじめ晴れの儀式を多くの人が見守る中、突然のどよめきが。それもそのはず、成人した夕霧が着ていたのは、六位の浅葱色(明るい青緑色)の袍だったからです。

平安時代の位階は実に30階級(皇族は4階級)。係長→課長→部長と偉くなるように、四位→三位→二位と出世し、大臣などの要職も位にリンクします。位にはそれぞれ指定のカラーがあり、特別な時以外はこの色を着るように決められていました。

帝のおわす清涼殿に許可なく昇ることができた、いわゆる『殿上人』たちは、位階でいうと五位以上です(一部例外あり)。六位は地方長官である受領などが相応で、父の源氏は三位、いとこである頭の中将の息子たち(雲居雁の異母兄弟)は四位で元服していたことから見ても、夕霧の六位は大貴族の子息にしては異常に低いといえます。

更に、”浅葱色=六位”というのはこの時代の常識。浅葱色を着ているとひと目で「あいつは六位で下っ端だ」とわかるのが辛いところ。爽やかな衣の色とは裏腹に、夕霧は真っ暗になってしまいました。

大宮もこれを大変不服に思い、源氏に直談判。「どうして六位スタートなのですか。夕霧もいとこたちより下になってしまった、浅葱色を着るのが嫌だと言ってますよ、かわいそうです。うちの息子(頭の中将)も不思議がっていました」

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。