ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“違法”美容整形の恐怖! 工業用シリコン注入で顔面崩壊…第2の「扇風機おばさん」に

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

美容整形が盛んな韓国では、それによって引き起される副作用や依存症も深刻な問題となっている。韓国のケーブルテレビtvN「火星人Xファイル」は2日、違法整形により顔面が変形し、歯が1本もなくなってしまった女性の例を紹介した。

韓国の美容整形事故といえば、整形依存症により顔面が大きく崩れた「扇風機おばさん」が有名。この日番組では「第2の扇風機おばさん」と呼ばれているヤン・ヘランさんを紹介した。整形手術の副作用で崩れた顔を隠すため、何年間もマスク姿で暮らしてきたことから「顔面隠蔽女」とも呼ばれているという。

ヘランさんは14年前、美容整形医院で顔面にコラーゲンを注入する手術などを繰り返し受けた。しかしそこは無免許の違法医院であったため、顔面には注入されたのは人体に有害な工業用コラーゲンだった。ヘランさんのまぶた、鼻、頬は、今も腫れたようにふくらみ、「扇風機おばさん」まではいかないが明らかに違和感を与える顔面となっだ。

問題はこれだけではない。衝撃的なのは、ダイエットのために服用していた利尿剤の中毒に陥ったせいで、28本の健康な歯がすべて抜け落ちてしまった。歯が1本もないため、まともに食事をとることができず、食べられるのは豆腐料理くらいしかないという。

しかし、これだけの副作用に苦しんでいるにも関わらず、ヘランさんはここからさらに異常な行動をする。歯がないからと、ボンドを使い自作の歯を作るのだ。番組ではヘランさんが鏡の前で口を開け、ボンドを歯茎に注入していく様子を紹介している。ボンドは湿った口の中ではなかなか固まらないことから、歯のような状態になるまでには半日ほどかかるのだという。ヘランさんは「疲れた」と言いながら歯を作り続け、最後にマニキュアを塗って歯を仕上げた。

この放送は韓国で大きな衝撃を与えた。韓国では20〜30代の女性の半数以上が美容整形を経験しているため、「他人ごとではない」と整形に恐怖を感じた人が多いようだ。

番組に登場したある医師は、「違法(無免許)の整形手術医院で手術を受け副作用が起きたケースをみると、たいてい注入されたものが工業用シリコンや成分が不明だったりする」と話し、病院選びには注意が必要だと警告した。

ヘランさんは番組で、「ほかの人よりも美しくなりたかった」と当時の胸中について語り、さらに「実は性転換手術をしたんです。私はトランスジェンダーなんです」と実は男であることも暴露した。どうやらヘランさんは、美容整形、薬物中毒、トランスジェンダーとさまざまな問題を抱えているようだ。

美しくなるための整形手術だが、裏では修復不可能になるほど深刻なトラブルに悩まされている人たちがいることを、知っておくといいかもしれない。

整形並みの「神業メイク」が韓国で話題に…女の変身は無罪?

画像:京仁日報/newswayより引用

※この記事は、ゴールドラッシュの「朴美奈」が執筆しました。[リンク]

朴 美奈の記事一覧をみる ▶

記者:

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP