ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

グッスマ新サービス『ねんどろいどフェイスメーカー』 カスタム初心者も安心!パーツを選ぶだけで簡単に好きな表情が作れるよ

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

グッドスマイルカンパニーのフィギュアシリーズ『ねんどろいど』の表情が自由に作れる新サービス『ねんどろいどフェイスメーカー』が7月27日に日本国内向けに提供開始!

アニメ、ゲーム、漫画、映画など様々な作品に登場するキャラクターを中心に、世界で活躍するアーティストといった実在の人物、オリジナルキャラまで、手のひらサイズの2.5頭身でデフォルメした可動フィギュアシリーズ『ねんどろいど』。

飾って鑑賞するだけではなく、付属する表情や様々なオプションパーツを付け替えることで、劇中の印象的なシーンを再現したり、思い思いの遊び方ができるところが大きな特徴です。

『ねんどろいど』特有の魅力をさらに発揮できる新サービスが誕生。付け替えできる表情パーツに、自分のオリジナルの表情が簡単にデザインできちゃうんです! 自分でカスタムしたいけれど、絵が下手、技術に不安がある人に朗報!

『ねんどろいどフェイスメーカー』は、専用サイトで会員登録後、あらかじめ用意された豊富なデザインパーツから好みのパーツを自由に選び配置することで、ねんどろいどシリーズに装着可能な表情パーツを自分で自由に作成・注文することができるんです!!

PC・タブレット・スマートフォンなどから利用可能!

『ねんどろいどフェイスメーカー』は、様々なデバイスから閲覧・作成・注文が可能。PCに向かいじっくり時間をかけて作ったり、外出先でスマートフォンを使い友達と会話しながら作ったり、通信環境があれば場所を選ばずどこでも気軽にフェイスデザインを楽しむことができます。

豊富なデザインパーツで「あんな顔」や「こんな顔」が作れる!

フェイスデザインに必要なデザインパーツのカテゴリを多数用意。目・鼻・口・眉・チークはもちろんのこと、より個性的なフェイスデザインを作るために、ペイント・口ひげ・ほくろ・傷・しわなどのパーツも。泣いたり笑ったり、怒ったり驚いたり、喜怒哀楽を自在に表現可能。

直観的なインターフェースでデザインパーツを自在にコントロール!

豊富なデザインパーツは単に選ぶだけではなく、パーツごとに色変えができたり、上下左右移動、回転、拡大縮小、寄せる離すなどの操作も可能! よりオリジナル性をだすために、この機能は大事ですね。

例えば2つのフェイスデザインで全く同じデザインパーツを選んでも、位置やサイズ、角度を変えるだけで大きく表情を変えることができます。

過去注文したフェイスデザインや他ユーザーのフェイスも呼び出せる!

フェイスデザイン作成中、過去の注文履歴からフェイスデザインを呼び出して再注文・編集をしたり、ギャラリーコンテンツ「みんなのフェイス」に公開された他ユーザーのフェイスデザインも気軽に呼び出して編集ができるので、初心者やデザインに悩んだ人も気軽に活用できます。

表情パーツは今後も順次アップデート予定!

サービス開始以降も、順次デザインパーツを追加する予定。季節に応じた個性的なパーツや、お客様アンケートなどの実施で上位に選ばれたパーツを追加するなど、ユーザーと密にコミュニケーションをしながらサービス拡充を図っていくとのこと。

『ねんどろいどフェイスメーカー』では、表情パーツを2個作成して注文することができます。商品の注文形式は、ユーザーが自分で作成することのできる「オリジナルフェイス」を2個か、「オリジナルフェイス」とユーザー自身が手描き作成できる「のっぺらフェイス」のセットの2種類を用意。注文時にお好みの形式を選べます。

これでますます、手軽に『ねんどろいど』遊びの幅が広がりそうです。

商品名:ねんどろいどフェイスメーカー
価格:
注文形式「オリジナルフェイス+オリジナルフェイス」1,480円(税・送料込)
注文形式「オリジナルフェイス+のっぺらフェイス」1,080円(税・送料込)
仕様:ABS&PVC
サイズ:約35mm(顔パーツのみ)
メーカー:グッドスマイルカンパニー
加工委託:グッドスマイルロジスティクス&ソリューションズ
販売委託:グッドスマイルロジスティクス&ソリューションズ

ねんどろいどフェイスメーカー:
https://nendoroidfacemaker.com/

(C)GOOD SMILE COMPANY

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。