ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

悪意に満ちた人形が、脚の不自由な少女を狙う―― どこまでも憑いてきまくる『アナベル 死霊人形の誕生』予告編解禁

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

ジェームズ・ワンの大ヒットホラー『死霊館』のスピンオフ映画『アナベル 死霊館の人形』、その続編『アナベル 死霊人形の誕生』が10/13より公開。公開決定の報で歓喜に沸いた皆様お待ちかね、ポスタービジュアルと予告編が解禁となった。

関連記事:“死霊館”の呪いの人形を描いたスピンオフ続編『アナベル 死霊人形の誕生』 “13日の金曜日”に日本公開決定

『アナベル 死霊人形の誕生』は、史上最も呪われた人形とされる“アナベル”がいかにして生まれたのかを描く物語。ポスタービジュアルにデデンとお目見えしたのは大きな井戸。そして、呪いの人形アナベルを抱えた少女だ。併せて解禁となった予告編を見ると、少女がこの井戸に“アナベルを捨てに来た”ことが分かる。もちろん、それはうまくいかなかったようなのだが……。

新生活のために田舎の屋敷へやって来た、シスターと孤児の少女6人。次第に屋敷に漂う不気味な雰囲気に恐怖を覚える彼女たちだったが、ある晩ひとりの少女が、部屋の奥に隠されていたはずの人形<アナベル>を見つけてしまう!呪いの封印を解かれた<アナベル>は、数々の異常現象を巻き起こし、執拗に少女たちを追い詰めていく。逃げても捨てても、<彼女>はどこまでも“憑いて”くる─!

予告編では、人形職人の娘で、不運にも亡くなった“アナベル”という少女の存在が明らかになる。亡くした娘へ募る想いが、やがて恐ろしい人形を生み出してしまうことになるとは……。映画『アナベル 死霊人形の誕生』は10月13日(金)全国ロードショー。どうぞ、お楽しみに。

製作:ジェームズ・ワン/ピーター・サフラン(『死霊館』)
監督:デイビッド・F・サンドバーグ(『ライト/オフ』)
脚本:ゲイリー・ドーベルマン(『アナベル 死霊館の人形』)
出演:ステファニー・シグマン タリタ・ベイトマン ルル・ウィルソン アンソニー・ラパリア ミランダ・オットー
配給:ワーナー・ブラザース映画
公式サイト:http://annabelle-creation.jp #アナベル誕生
(c) 2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。