ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

血の流れより紅きスープ……秋葉原UDXの拉麺劇場に本格四川麺専門店「四川麺匠 炎」が誕生

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

本格四川麺が食べられるラーメン店「四川麺匠 炎」が2017年7月24日(月)、秋葉原UDXのラーメンフードコート「秋葉原拉麺劇場」にオープンした。本店舗は、6月30日に閉店した「ラーメン凪」の跡地に入った店で、唐辛子や花椒などの香辛料を効かせた四川麺をウリにしている。

恐れを抱く真っ赤なスープ

「四川麺匠 炎」は、ラーメンフードコート「秋葉原拉麺劇場」に属する新店舗。食券システムを採用しており、タッチパネル式のメニュー表から商品を選ぶ。このまま食券を店頭に持っていくのが大半だが、ここではそのまま席に座り、食券の番号が呼ばれるまで待機するスタイルとなっている。

本店舗の定番メニューは以下の4つ。紹介文はお店側のもの。
四川マーラー麺(850円):唐辛子の辛さと山椒のピリピリ。独特の味のバランスが良く、素直に美味しい!
牛すじ麺(900円):牛スジはとっろとろで美味しい。旨い出汁が出ていて、味わい深い!
塩チャーシュー麺(750円):肉本来の旨味を味わえるチャーシューとあっさり鶏がらスープが美味しい。
焼き餃子麺(380円):パリッとした食感で中身がジューシーな焼き餃子、美味しい。

ここは“四川麺らしい真っ赤なもの”を食べなければ! ということで『四川マーラー麺』(850円)を注文。麺の量は並盛150g、大盛り230gとなっており、どちらを選んでも同額となっていた。

待つこと約5分。自分の番号が呼ばれて取りに行ってみると、予想以上に赤いものが出てきた

▲あたい知ってる。これ辛いやつ。

商品名に“四川マーラー(麻辣)”とあったので覚悟はしていたが、これは中々赤い。覚悟を決めて麺を食べようとしたが、麺をすすったとき大量の香辛料が喉を刺激し、少々むせてしまった。……そうだ、こういう系のラーメンは下手に吸い込んではいけないのを忘れていた。

そんなこんなで再トライ。今度はちゃんと吸い込まずに食べてみた。麺は平打ちで、スープが非常に絡まりやすくなっている。北海道産の小麦粉を使用しているようで、食感はもちっとしていて、コシが強い。

たしかに辛いのは辛いが、味わい深くて旨味が強い。唐辛子的な辛さよりも、舌がピリピリと痺れる香辛料のほうが強く感じられた。もちろんスープを飲むと結構辛いが、麺を食べる分にはそこまで辛くない。ああ… 餃子とビールが欲しい……。

夏に辛いものは実に合う。ランチはもちろん、夜にはサイドメニューと共に一杯洒落込むのも良いかもしれない。

店舗情報
四川麺匠 炎
■住所:東京都千代田区外神田4-14-1 秋葉原UDX2F
■営業:11:00~23:00
■電話:03-3526-2330

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: sasuke) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。