体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

光熱費節約の近道!? わが家の省エネ度が分かる「うちエコ診断」を受けてみた

光熱費節約の近道!?わが家の省エネ度が分かる「うちエコ診断」を受けてみた

入浴時にはお湯を盛大に使う、各種AV機器の電源は入れっぱなし、ほんの少しの暑さや寒さも我慢できずすぐにエアコンのスイッチを入れてしまう…… そんな省エネに無頓着な夫に、筆者は日々イライラ。もうちょっと省エネに気を配って暮らしたら光熱費が減らせるのでは? なんとかしたい! ということで、簡単にわが家の省エネ度や省エネ対策を知ることができるという「うちエコ診断」を受けてきた。

「うちエコ診断」って何? 何が分かるの?

環境省認定の公的資格をもつ「うちエコ診断士」が、専用ソフトを使って診断を行うのが「うちエコ診断」。光熱費や所有している家電、ライフスタイルなどの情報をもとに、CO2排出量や光熱費のランキング、どんな省エネ対策をしたらCO2排出量や光熱費をどれくらい減らせるのかなどが簡単に分かる仕組みだ。

「うちエコ診断」は無料で受けることができ、全国各地のガス器具や住宅設備などのショールームや、エネルギーやエコ関連のイベント会場、自治体などで、無料で実施されることがあるほか、各地域のガス会社や電力会社などで無料診断を受け付けているところもある。

今回、北海道在住の筆者は、北海道札幌市にある北海道ガスで「うちエコ診断」を受けてみることにした。診断してくれたのは北海道ガス 総合エネルギー推進チームの佐藤和成さん。同社に約100名いる「うちエコ診断士」のひとりだ。

まずは、「事前調査票」に世帯構成や住まいの広さ、築年数、キッチンのコンロやお風呂の熱源が電気かガスか、1カ月の平均的な光熱費、冷暖房の設定温度、家電の使用状況、お風呂の使い方など、ライフスタイルも含めたエネルギーの使用状況を記入する。以下は抜粋だが、このほかにも断熱リフォームをした箇所や、主に使う部屋の広さやテレビをつけている時間など、細かな設問が多い。記入するのは分かる範囲でもいいが、詳細に伝えるほど診断の精度は上がる。

<筆者が記入した事前調査票の内容(抜粋)>

●住まいについて

【世帯人数】2人 【家の造り】集合住宅 【延べ床面積】30坪(100m2)【建築年代】1992年 ~2000年

●熱源について

【ガスの種類】都市ガス 【料理用コンロの熱源】ガス 【お風呂の熱源】ガス

●1カ月の光熱費について

【ガス代+電気代】冬4万円、春・秋3万円、夏3万5000円

●家電、お風呂について

【冷蔵庫の使用年数と大きさ】15年、415L 【浴槽にお湯をためる日数】1週間当たり3日 【シャワーを使う時間の合計】1日当たり15分

●自家用車について

【燃費】18km/L以上 【使用頻度】毎日片道4km

うちエコ診断士に告げられた「100世帯中83位」という結果

いよいよ、「うちエコ診断」がスタート。事前調査票の内容を佐藤さんが専用ソフトに入力。まず出てきたのが、わが家の年間CO2排出量「8370kg-CO2」という数字。これが多いのか少ないのか、素人にはさっぱり分からないが、2人暮らしだというのに月の電気代+ガス代が3万円を超えているわが家だ、たぶん多い……。

さて、ランキングの結果は、「100世帯中83位です」と佐藤さん。予想以上の悪い結果に、一瞬、同席していた北海道ガスのみなさんがシーンとなる。これは、その地域の同じような世帯(家族構成や建物の造りなど)で比較した場合の、CO2排出量が少ない順のランキング。100世帯あるとすると、わが家のCO2排出量はかなり多く、83位になるということ。佐藤さんのパソコン画面には、CO2の排出量は「平均の1.5倍」、光熱・燃料費は「平均の1.9倍」という、わが家がエコじゃないことを明確に示す数字がダメ押しのように並ぶ。たくさんCO2を出しているだろうとは思っていたが、予想以上に多くて落ち込む。これは、なんとかしなくては……。【画像1】CO2排出量は平均の1.5倍で100世帯あったとすると83位。光熱費・燃料費は平均の1.9倍。(画像提供/環境省) 【画像1】CO2排出量は平均の1.5倍で100世帯あったとすると83位。光熱費・燃料費は平均の1.9倍。(画像提供/環境省)【画像2】プリントアウトしてもらった「うちエコ診断 結果レポート」。1カ月当たりの光熱費のコメントに「灯油代が平均より低めです」とあり、一瞬ほめられた気分になったが、そもそもわが家では灯油は使っていないから当然だった(画像提供/北海道ガス)
1 2次のページ
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。