ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

日本の若手建築家が描く「夢の家」展が開催

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

1707211
「まちを動かしていく家」ドローイング ©Ryu Mitarai
 

展覧会「ユメイエ展:日本の若手建築家」が、現代美術ギャラリーTARO NASUにて、7月28日から8月12日まで開催される。

本展は、ストライプインターナショナルの石川康晴社長が理事長を務める公益財団法人 石川文化振興財団が主催する展覧会。

建築設計という実践的な営みと、夢という想像力の領域の橋渡しを意図する「夢の家」をテーマに、日本の若手建築家が制作したドローイングや模型を公開する。
選定は建築家で東京大学大学院教授の千葉学が担当し、会場構成を担当する中川エリカの他、田根剛、青木弘司、畝森泰行、御手洗龍、萬代基介、金野千恵とアリソン理恵によるユニットtecoといった13人が参加する。

ユメイエ展:日本の若手建築家
会期:2017年7月28日(金)〜8月12日(土)
休館日:日・月曜日、祝日
会場:TARO NASU 東京都千代田区東神田 1-2-11 
TEL:03-5856-5713
開場時間:10:00〜18:00 
主催:公益財団法人 石川文化振興財団

【参加建築家】
 ⻘木弘司
 畝森泰行
 大⻄麻貴+百田有希/o + h
 海法圭
 田根剛
 teco (金野千恵+アリソン理恵)
 中川エリカ
 能作淳平
 能作文徳
 萬代基介
 御手洗龍

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。