体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

少し先の未来に出逢えるアキバスポット『パソコン工房 AKIBA STARTUP』が7月28日(金)オープン!

秋葉原の新たな情報発信スポット『パソコン工房 AKIBA STARTUP』が2017年7月28日(金)にオープンします。場所はパーツ通りにある『パソコン工房 アウトレット館』や『三月兎さんげっと店』が入っていたTK西館1階。

新たな未来の可能性を感じられる場所

『パソコン工房 AKIBA STARTUP』は、リリース資料によると「少し先の未来に出逢えるアキバスポット」をテーマとして、VRをはじめ、最新のIoT機器や、クラウドファンディングで製品化を進めている新製品、製品化を達成した製品など、最先端のIT関連製品を「見て・触れて・体感」することが可能なスポット。「出展社の注目製品とお客様との接点を創り、少し先の未来への架け橋となるよう様々な製品を取り扱ってまいります」とのこと。

要約するならば「最新のIT関連製品が展示されており、体験も可」という感じです。

出展社 取扱予定製品情報

■期間限定公開!VR連動モーションベースでドラゴンに乗って飛び回ろう!「Gliding to the Moon」

【出展社】クレッセント
【製品名】体験型モーションベース飛行VRコンテンツ「Gliding to the Moon」
【概要】台湾JPW社の小型でVRに最適化されたモーションベース。ドラゴンに乗って仮想の街を飛び回るコンテンツに合わせてモーションベースが動くことで、より高い没入感を体感頂けます。
※展示期間は7月30日(日)までの予定となります。

■常設展示として日本初! 4K対応ドーム型スクリーンを体験しよう!

【出展社】エルザ ジャパン
【製品名】ELSAドームスクリーン
【概要】視界全てを覆う臨場感溢れる曲面スクリーン。プロジェクターからの映像を独自の形状に湾曲させた高反射率のスクリーンへ投影させることでVR体験を複数人数で同時に共有可能な、今までに無い新しいカタチのシステムです。広大な風景や宇宙空間など広がりのある映像はもちろん、室内映像やゲームなどにも応用可能。臨場感溢れる広視野な映像出力を実現。

■クラウドファンディング1億円突破! ハイレゾ級骨伝導CLIP型イヤホンを体験しよう!

【出展社】GREEN FUNDING
【製品名】EarsOpen(EO)
【概要】世界初、ハイレゾ級骨伝導CLIP型イヤホン。EarsOpen (イヤーズオープン)は骨を通じて音を聴く事で、耳を塞がない(鼓膜を使わない) 骨伝導イヤホンです。

■コンパクトな3Dプリンター「ダヴィンチ miniMaker」で手軽に3Dプリンティングをしよう!

【出展社】XYZプリンティングジャパン
【製品名】ダヴィンチ miniMaker
【概要】ダヴィンチ miniMakerは現在発売されているほとんどのデスクトップ型3Dプリンターよりも小さく、8kgという重さにもかかわらず、最大印刷サイズは15x15x15cm。明るく躍動感ある外観は、小さいけれど心強いパートナーになること間違いなし。誰もが手頃に購入できる価格を実現。常時印刷実演も開催予定。ダヴィンチ 3Dペン・スターターキットも展示致します。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会