体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

トム・クルーズ史上OP興収No.1映画『ザ・マミー』で銀シャリが声優初挑戦!「けっこう重要な役」

dsc_1156-2

映画『ザ・マミー/呪われた砂漠の王女』公開記念ミイラ祭りイベントが行われ、今作の日本語吹替版キャストに芸人の銀シャリが起用されたことを発表。ハリウッド映画で声優デビューとなった、銀シャリの鰻和弘さんと橋本直さんが登場しました!

2474_tp2_00122r

今作は、モンスター映画“ダーク・ユニバース”プロジェクトの第1弾作品。85年前の作品『ミイラ再生』を次世代向けにリメイクしたアクション・アドベンチャー。今後も『魔神ドラキュラ』、『フランケンシュタイン』、『透明人間』など、これまでユニバーサル・ピクチャーズが制作したモンスター映画が次々とリメイク・シリーズ化される予定。

The Mummy

トム・クルーズ主演の今作。日本に先駆け6月9日より全米を含む63カ国/地域で公開を迎えると、全世界で約1億7300万ドル(約191億円 ※6月11日時点のレート換算)を売り上げ、トム・クルーズ史上最高の全世界オープニング総興収No.1の記録を樹立! 数々の大作に出演しているトム史上No.1となっているんです!

dsc_1161-2

鰻さんは「トム・クルーズさんが外した映画みたことないですもん。全部当たっているんじゃないですか?」と、その中でも1位の記録の凄さを実感。

映画の感想を、橋本さんは「めちゃくちゃ面白いです! 壮大なストーリーを見事な映像で表現されているので、ハラハラ、ワクワク、ドキドキ。カップルで観に行っても楽しめると思います」、鰻さんは「アクションシーンもあるので、ダイナミックですよね」とハリウッド大作ならではの面白さだと語ります。

dsc_1158-2

そして、ハリウッド映画の吹替版キャストに決まったことについて、「4月から東京出てきて良かったです。こんなお仕事を貰えるなんて。ハリウッドですよ! 最初スケジュール帳見て『ザ・マミー』って書いてあってビックリした」(橋本)、「トムクルの映画ですよ!!」(鰻)と喜びのコメント。

しかも、最初の方に登場する警官役で“けっこう重要な役”だとか。橋本さんが「セリフ量が多い方と少ない方があって、吹替版の監督にその場で『ちょっと喋ってみてください』ってオーディションみたいなものがあって。漫才では僕の方が喋る量が多いんですけど、まさかの鰻さんが喋る量が多い方になった」と説明し、「まさかの大抜擢をされた」と鰻さん。

「一言二言ではなく、僕らの中ではセリフがけっこうある」と橋本さんが強調すると、MCからも「あの場面は物語がけっこう変わっていくシーンですもんね」と言われ、鰻さんは「序盤の大事なところです」と語ります。

dsc_1148-2

初アフレコの感想を「ハリウッドの素晴らしい役者さんが演技されている中、声だけを合わすっていうのは感情を表すのがやっぱり難しい」と橋本さんが振り返り、鰻さんは「何回もNGを出して録り直していたんですけど、ただ、僕が死ぬシーンのリアクションだけ一発OKだったんですよね」と、ちょっとネタバレ発言。

1 2次のページ
nonの記事一覧をみる

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。