ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

優勝者は賞金50万円&人気タレントとの共演も! 高校生漫才ナンバーワンを競う『ハイスクールマンザイ~H-1甲子園~』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

hihi

全国の高校生の中から漫才のナンバーワンを決定するグランプリ『ハイスクールマンザイ2017~H-1甲子園~』

4月13日にエントリーが開始して8月12日から16日にかけて全国8ヵ所で準決勝戦が、8月27日にはオール巨人板尾創路NONSTYLE銀シャリらの審査のもと漫才の殿堂『なんばグランド花月』で決勝戦が開催される。

決勝大会進出者にはお笑い芸人養成スクール『NSC』に入学金免除特待生として入学する権利と劇場観覧年間フリーパスチケットなど、優勝者には賞金50万円と吉本タレントとテレビや舞台で共演する権利などがあたえられるとのこと。

昨年の優勝者『午前午後』も本格的な芸人活動こそしていないものの、沖縄国際映画祭への出演など普通の学生生活ではなしえない貴重な経験を重ねているようだ。

午前午後
https://youtu.be/oPBFRcHYnfw

現在のところ、準決勝に進む44組がグランプリ公式サイトで公表されている。特にお笑いの本場、近畿エリアからは昨年も準決勝まで進出した『アンドロイド』、『なんぼサイファー』、『ヒツジグモ』や高校生らしからぬ落ち着いたたたずまいの『とみとみと』などツワモノが多数選抜。

an

http://www.highschool-manzai.com/blog/2017/results/

お笑い界にはくりぃむしちゅーおぎやはぎさまぁ〜ずなど高校の同級生コンビが数多い。

果たして今回のグランプリから、将来のお笑い界をになうようなスターは登場するのだろうか。

※画像は『ハイスクールマンザイ2017』オフィシャルサイトから引用しました
http://www.highschool-manzai.com/

中将タカノリの記事一覧をみる ▶

記者:

1984年生まれ。奈良市出身のシンガーソングライター、音楽・芸能評論家。加賀テツヤ(リンド&リンダース)の誘いで2005年にデビュー。音楽活動、タレント活動、執筆活動と多岐にわたる分野で活躍している。代表曲に「だってしょうがないじゃん」(2011年)。2016年からキャラクター、音楽制作を務める「うえほんまち ハイハイタウン」CMが放送開始。日本酒が好き。

ウェブサイト: http://chujyo-takanori.com

TwitterID: chujyo_takanori

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。