ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

大人気の「ノンシリコンシャンプー」って結局何が良いの?

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「ヘアケアにも優しい物を使いたい」と女性に人気のノンシリコンシャンプー。数年前までは美容師さんや、美容通の間でしか認知されていなかったノンシリコンシャンプーも今ではすっかり市民権を得て、ドラッグストアでも手に入る様に。

でも、「話題だから」「理由は知らないけど髪に良さそうだから」と何となく使用している人も多いのでは? そこで、今回はノンシリコンシャンプーの基礎知識と上手な使い方についてご紹介したいと思います。

ノンシリコンシャンプーとはそのまま、「シリコンが入っていないシャンプー」のこと。シリコンというと、ゴムとプラスチックの間の様な、ツルツルともスベスベとも表現出来る物質を想像すると思いますが、シャンプーに含まれているのは正確には「シリコン系部外添加物」です。

シリコンの主な機能は、髪の毛の肌触りを良くし、光沢を出すこと。

しかし、このシリコンは表面的な美しさを出す役割は果たしますが、髪の毛を中から補修したり、強くすることは出来ません。逆に毛根や毛穴がつまって、栄養分が行き渡らず、髪の毛が細く弱ってしまうことも。

市販されている多くのコンディショナーの使い方に「毛先を中心になじまさせる」と書いてあるのは、頭皮や毛根にコンディショナーをつけさせない為だと言えるでしょう。とはいえ、シリコンはその他の化粧品にも使用されている成分。「シリコンは悪!」というワケでは無いので過敏になる必要は無いと言われています。

「ちゃんとシャンプーしているのになんだか頭皮がベタつく」という人は、もしかしてシリコンが毛穴をふさいでいるからかも。気になる人は今のシャンプーをノンシリコンシャンプーに変えてみたり、テスターで数日試してみるのも良いでしょう。また、シリコン入りのシャンプーはパーマ剤やカラー剤が浸透しにくくなるそうなので、パーマやカラーを長持ちさせたい人にはノンシリコンがオススメです。

ノンシリコンシャンプーは少し価格が高め。だからこそ「高いから安全だろう」と決め付けてしまいがちですが、シャンプーはノンシリコンでもコンディショナーがそうでない場合は効果も薄くなってしまいます。

今、店頭には様々なノンシリコンシャンプーが並んでいますから、事前に口コミを調べたり、サイトで成分をチェックしたり、お店のスタッフに色々と質問して買えば安心かも。納得したシャンプー選びで、この春は美髪を目指しましょう!

※画像は「STYLA ONLINE SHOP」より引用。

カテゴリー : エンタメ タグ :
藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。