体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Samsung、Galaxy S IIIでは4.65インチHD解像度のHD Super AMOLED Plusパネルを採用

韓国メディアのデジタルデイリーが業界関係者の話として報じたところによると、Samsungの次期フラッグシップ(Galaxy S III)には4.65インチHD解像度の”HD Super AMOLED Plus”パネルが搭載されるそうです。Samsung Mobile Display(SMD)がそのパネルの開発を終え、今期中に量産に入る、という記事の中でそう伝えられていました。画面サイズ・解像度はGalaxy S II LTE HDやGalaxy Nexusと同じなので、本体の縦横のサイズも同程度と予想されます。今回のパネルには”Plus”が付いているので、画素を構成するサブ画素の配列は、従来の”HD SuperAMOLED”のPenTile配列ではなく、RGBストライプ配列となっているそうです。真のHD解像度となりますね。Samsung幹部の発言でGalaxy S IIIの発売時期は4月下旬~5月上旬と見られていますが、同サイトによると、今回のパネルの量産が本格化するのは第三四半期からとされているので、地域やモデルによって発売時期に大きな開きが出てくるのではないかといったことが予想されます。Source : デジタルデイリー


(juggly.cn)記事関連リンク
Xperia arcとXperia neo用CyanogenMod 9 NightlyビルドがCMサーバより配信開始
KDDI、「Xperia acro HD IS12S」のソフトウェアアップデートを開始、再起動問題を改善
「フジテレビオンデマンド」の番組・映像コンテンツがAndroidスマートフォンでも視聴可能に

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。