体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『カーズ/クロスロード』奥田民生インタビュー「老けたマックィーンっていうのかな。共感できますね」

img_2961_f

夢の続きか、新しい人生か? ピクサー史上最大の衝撃的な展開が待ち受ける映画『カーズ/クロスロード』が7月15日より公開となります。

本作で日本版エンドソング『エンジン』を手がけたのが、ミュージシャンの奥田民生さん。奥田さんとピクサー映画というのはちょっと意外な組み合わせに感じますが、車好きの奥田さんはもともと『カーズ』ファンだったのだそう。

インタビューでは楽曲作りについて、男の人生や決断について、色々お話を伺ってきました。

カーズ/クロスロード

―映画大変楽しく、奥田民生さんの日本版エンドソングも素晴らしかったです。映画をご覧になった率直な感想はいかがですか?

奥田:主人公のマックィーンを観ていて、なんていうのかな、まあ大人になったというか。言ってみれば老けたというかね(笑)。そういう点でちょっと共感できる部分がありますね。

―奥田さんはこれまでピクサーの映画はよくご覧になっていたんですか?

奥田:映画をあまりたくさん観る方ではないんですが、『カーズ』は車がしゃべるという事で車好きとしては観ねばと。もちろん前作も観ていますし、『カーズ』ファンだったのでお話が来た時は嬉しかったですね。僕は昔のアニメを観ていた世代なので、最近のアニメーションはすごいなあと思います。一方で、技術は進化していても昔のアニメにも車がしゃべるやつがあったりして、そういう懐かしさも感じたり。

―『カーズ』の中で好きなキャラクターは?

奥田:車のタイヤ交換する人ですね、グイド。職人で自分の仕事に徹していて。メーターも好きですけど、吹替版だとぐっさん(山口智充)の顔が浮かんできちゃうんで(笑)。

―今回の楽曲『エンジン』はどういったことをイメージして作られましたか?

奥田:『カーズ/クロスロード』のストーリーに沿って作っているので、自分の曲が流れた瞬間(映画と)違うものになっていなくて良かったなと。曲調もそんな軽いタッチでもなく、今回のストーリーにはあってるのかなって思いながら聴いていました。

―このシーンを思い浮かべながら、とかあったのでしょうか?

奥田:やっぱり走るシーンですよね。レース場で走っているのもそうですけど、普通の道だったり、トラックが走っているとことか。まるで実写の様な“引き”のシーンがあったと思うのですが、ああいう瞬間がイメージにあって。マックィーンはレーサーですけど、レースをしているシーンはイメージしていないんです。広大な道を走っている所が良いなあと。

―『エンジン』は製作総指揮のジョン・ラセターさんが絶賛したと伺っていますが、楽曲製作へのリクエストはありましたか?

奥田:特に無かったんですけど、映画のストーリーあってのものなのでそこを意識することですかね。あと打ち合わせの時に「曲の最初はアコースティックで始まるのはどうですかね」っておっしゃった方がいて、じゃあそうしますって決めたんです。そういう事を言ってもらえて作りやすかったですね。完成した映画を観て、良い曲たくさん使われていたんで多少自分の曲がダメでも良いだろうと(笑)。もちろんOKいただくまでは緊張というか気になってはいたので、割とすぐOKが出て良かったなと思いました。

―歌詞についてもお聞きしたいのですけど、マックィーンの人生や気持ちを投影して書かれたのでしょうか?

奥田:まあそうですね。でも主人公に限った話では無いと思っています。本人が「行く/行かない」に限らず道は続いていくというね。色々考えていても、進んでいくんだよという気持ちで。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。