ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【話題】これがロールケーキ!?インスタ映えする食べる芸術スイーツ

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

「バティック」(Batik)という言葉をご存知でしょうか。これは、インドネシアなど主に東南アジアを中心とした国々に伝わる「ろうけつ染め布地」のこと。カラフルで時に曼陀羅のような絵柄は、東南アジアの強い日差しによく映えます。パレオやスカーフなどの服飾品に用いられるこの伝統工芸バティックが、「食べられる芸術になった」と話題を呼んでいます。

バティック風ロールケーキ

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

くるんだ手ぬぐいのようにも見えるカラフルなもの、何だと思いますか? 実は、これは全てロールケーキ。そう、「バティックロール」(Batikrolls)という名前のスイーツなんです!

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

カットすると、この通り。もちろん、中にはバニラやブルーベリー・バタークリームのフィリングもしっかり入っています。

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

白いティーセットにカラフルな模様がよく映えます。美しすぎて、食べるのがもったいないですね。

ではこの「バティックロール」は、一体どこで買えるのでしょうか。

シンガポール拠点のオンラインショップで販売

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

「バティックロール」を製造・販売しているのは、シンガポールを拠点とするオンラインショップの「Batikrolls」。オリジナルの、これまた美しいパッケージに入れて通信販売を行っています。Nura Alkhatibさんという32歳の女性が、お菓子作りが上手だったお母様に影響され2016年に「Batikrolls」をオープンさせたのだとか。

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

気になる値段は、26シンガポールドル(2017年7月現在約2133円)から。でも残念ながら、今のところ配送してもらえるのはシンガポール、マレーシア、ブルネイの3か国だけなのだとか。うーん残念! お土産にしたら日本人にも喜ばれると思うので、ぜひ日本にも販路を広げて欲しいですね。

せっかくなので、Nuraさんが公開しているバティックロールの作り方も見てみましょう。

すべてハンドメイドの「バティックロール」

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

まず最初に、どのようなデザインにするのかという下絵を描きます。ここは、普通の画用紙とサインペンです。

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

そして下絵の上にベーキングペーパーを置き、カラフルな食用着色料で色をつけていくのです。

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

まず白いチューブでアウトラインを描き、その中にたっぷりと色を乗せています。すべて手作業なので、複雑な模様の時はこの作業に1時間以上かかることもあるそうです! それであのお値段はお買い得ですね。

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

違う模様のケーキ生地ですが、焼きあがるとこういう状態になるそうです。しっかり生地に模様がついているのが分かります! 最後に、模様がはがれないように丁寧に紙を剥がしていくのだとか。

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

これは、役目を終えたベーキングペーパーたち。これも額に入れて飾りたいかわいらしさです!

2016年のスタート以来、その芸術性の高さからSNSで話題を呼んだ「バティックロール」は、既に千本以上を販売してきたのだとか。
ぜひ近いうちに、日本にも進出して欲しいですね。

[Batikrolls]
[These Incredible Homemade Cakes Look Like Colorful Tapestries]
[These batik-patterned cakes are almost too pretty to eat]

関連記事リンク(外部サイト)

【日光】リピートせずにはいられない!女子会にもぴったりな「あさやホテル」
まさか◯◯のCMだったなんて!衝撃のクオリティに隠された秘密とは?
天草で体験する大人の癒し!心も体もきれいにしてくれる感動ホテル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
TABIZINEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。