体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【話題】これがロールケーキ!?インスタ映えする食べる芸術スイーツ

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

「バティック」(Batik)という言葉をご存知でしょうか。これは、インドネシアなど主に東南アジアを中心とした国々に伝わる「ろうけつ染め布地」のこと。カラフルで時に曼陀羅のような絵柄は、東南アジアの強い日差しによく映えます。パレオやスカーフなどの服飾品に用いられるこの伝統工芸バティックが、「食べられる芸術になった」と話題を呼んでいます。

バティック風ロールケーキ

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

くるんだ手ぬぐいのようにも見えるカラフルなもの、何だと思いますか? 実は、これは全てロールケーキ。そう、「バティックロール」(Batikrolls)という名前のスイーツなんです!

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

カットすると、この通り。もちろん、中にはバニラやブルーベリー・バタークリームのフィリングもしっかり入っています。

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

白いティーセットにカラフルな模様がよく映えます。美しすぎて、食べるのがもったいないですね。

ではこの「バティックロール」は、一体どこで買えるのでしょうか。

シンガポール拠点のオンラインショップで販売

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

「バティックロール」を製造・販売しているのは、シンガポールを拠点とするオンラインショップの「Batikrolls」。オリジナルの、これまた美しいパッケージに入れて通信販売を行っています。Nura Alkhatibさんという32歳の女性が、お菓子作りが上手だったお母様に影響され2016年に「Batikrolls」をオープンさせたのだとか。

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

気になる値段は、26シンガポールドル(2017年7月現在約2133円)から。でも残念ながら、今のところ配送してもらえるのはシンガポール、マレーシア、ブルネイの3か国だけなのだとか。うーん残念! お土産にしたら日本人にも喜ばれると思うので、ぜひ日本にも販路を広げて欲しいですね。

せっかくなので、Nuraさんが公開しているバティックロールの作り方も見てみましょう。

すべてハンドメイドの「バティックロール」

【話題】食べる芸術!アジアン・ビューティーなロールケーキ
(c)facebook/Batikrolls

1 2次のページ
生活・趣味
TABIZINEの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。