ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

声優界の金の卵? 高槻かなこ&八島さらら『かなことさらら』レギュラー番組化記念! ロングインタビュー

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
dsc_0159-2

公私ともに仲の良い声優の高槻かなこさん、八島さららさんが自分たちの好きなことだけをやっていく番組『かなことさらら』がレギュラー化!

5月16日のニコ生特番で誕生した『かなことさらら』。その反響を受け、なんと文化放送でレギュラーラジオ番組としてスタート。ニコニコチャンネルでは、その放送を映像付きで楽しむことができます!

dsc_0155-2

レギュラー放送は、文化放送超A&G+にて毎週日曜18時30分よりオンエア。初回収録を終えた2人にインタビュー。番組の内容や普段の2人の過ごし方など聞いてきました。

赤裸々すぎてイメージダウンが心配!

dsc_0162-2

――初回収録を終えた感想をお願いします!

さらら:感想は……うーん、イメージダウンが心配です!(笑) 

かなこ:
けっこう八島さんの自己紹介が激しかったよね(笑)。最初から攻めるな~って思ってたけど。

さらら:だから今後もどんどん攻めていって、すごい発言をする分にはストッパーをかけずに、やばかったら切るって形にするんでって言われました。

かなこ:今回、ニコニコチャンネルでもほぼノーカットで動画配信するって言っていたんですけど、“ほぼ”っていう部分が大事になってきますね。ノーカットはたぶん厳しいんで(笑)。

さらら:初回も赤裸々すぎたね。濁していかないとダメだね(笑)。

――5月にもお二人でニコ生で番組をやられていましたが、雰囲気は近い感じですか?

かなこ:今回はそのときよりも個人的な部分を掘り下げているので、個人にまつわる闇の話とかが多かったです。ニコ生はだらだらして、割りと楽しくふわふわ「あはは~」って感じだったんですけど、そういうのではなく、少し可愛さは削られています(笑)。

dsc_0171-2

――公私共に仲が良いということですが、改めてどんな仲なのか教えてください。

さらら:お酒を飲んでいます。

かなこ:飲んだり、愚痴を言ったり。

さらら:あと最近はボードゲームをしています!

――ボードゲームは2人だと少ないのでは?

さらら:だからラジオでも散々名前があがる、共通の友人の“小森”(声優の小森未彩さん)って人物がいて。

かなこ:
小森が元々お互いの友だちで、その紹介みたいな感じで(さららと)会ったんです。基本、そういう仲の良い声優アイドルの友だちと一緒に遊ぶことが多いですね。

dsc_0173-2

――小森さんには番組に来て欲しいですか?

さらら:来て欲しい。

かなこ:でもすぐ来られるのも嫌なんですよ。ちょっとラスボス感あるから。

さらら:全然ゲストに頼らず2人でやっていくのも有りかなと思っているので。

かなこ:友だちも呼んでいきたいよね。友だちがいなくなったところで小森に……。

さらら:なんで、筆頭だったのに(笑)。でも友だち呼んでも、4週くらいで終わっちゃますね……。

かなこ:じゃあ仲良くなりたい人に来ていただく? この雰囲気についてこれる人じゃないと難しいか。

さらら:仲良くなりたい人いっぱいいるけど難しいよ。どうする? 大塚明夫さんとか?

かなこ:いや、喋らなくなるよ(笑)。急に私達かしこまった感じになっちゃう。

さらら:意外と礼儀正しいんです、2人共。

お酒を飲んでいると陽気

dsc_0160-2

――お二人のお友達としての付き合いはどれくらいなんですか?

さらら:割りと最近なんですよ! 半年くらい?

かなこ:年末くらいからだった気がする。

さらら:もう急速に仲良くなって。

かなこ:フィーリングが合ったね。

――お食事とかもよく行かれるんですか?

さらら:食事って行った記憶ある? ひたすらお酒を飲んでて、あんまり食べないよね。おうちで飲むことが多くて、外に飲み行ったりすることがないので。

かなこ:
タイ料理は食べに行ったね。だけど、いつも家で少しつまみながらという感じです。

さらら:あ、でもこの間すごいオシャレなやつ食べたじゃん! びわに生ハムを巻くと美味しいって説があったから食べたんですよ!

かなこ:食べた! びわと生ハム一緒に食べた味した。全然びわと生ハムの味が交互にきた! びわ美味しかったけど(笑)。

――びわってちょっとお高いですもんね。

さらら:でも両方ドンキで買ってきて。びわってドンキで売ってるんですよ!

――びわってドンキで買えるんですね……!

かなこ:びわの生ハム巻きって言ったらオシャレに聞こえるからね。

さらら:さも高級な感じだけど、でもドンキ。

かなこ:安さの殿堂だからありがたい。

dsc_0163-2

――どんなところが気が合うと思いますか?

さらら:2人共海外ドラマが好きなんですよ。アメリカかぶれ。

かなこ:『glee』とか。

さらら:ボードゲームしながら『glee』の歌のシーンだけ流し続けてます。

かなこ:
ツイストの練習しよう、とか言って急に踊りだしたり。

さらら:友だちと遊んでいるときは陽気なんですけど、基本的に陰キャラなので。そういう部分も気が合っています。本当に明るい人にはついていけなくなっちゃうから(笑)。

かなこ:シラフではつらいね。決してパリピではないんですよ。お酒を飲むことによってリミッターを解除することはあるんですけど、基本オタク気質なので。

さらら:オタクの人生を歩んできたんだな、みたいなところはあるよね。

かなこ:闇の深さ感じ取れるところが好きなポイントです(笑)。

――お互いの闇を感じた部分は?

さらら:やっぱり学生時代のエピソードとか聞くと「大変だったんだ……」って思います。「あんまり記憶がないねぇ」とか言って。

かなこ:学生時代は無だったので(笑)。2人共闇だらけなんですけど、それを隠すとかではなく、けっこうオープンにしていきますね。さららの闇はやっぱり車を破壊しているところじゃない?

さらら:あー、私最近ハマっていることで『グランド・セフト・オート』ってゲームで車を強盗しています。お金持ちが住む地域とかに行って良い車があるとバリーンッて窓を割って車を盗むっていう。それでストレスを解消してますっていう話をしたんです。

かなこ:闇が深い……というか、ストレスが心配になっちゃいますね。

プライベートでやらないアクティブなことをやりたい

――ラジオはお二人が好きなことをやる番組だと伺ったのですが、今後は何をやっていくのでしょうか?

かなこ:何一つ決まっていなくて、本当に自由にやりたいことをやろうという感じです。

さらら:ラジオにありがちな、無茶振りがあってそれをやっていくとか、萌えセリフを言っていくみたいなことはやりたくなくて。ただ私達が楽しいことだけをやっていく番組にしたい。

かなこ:きっと私達が楽しんでいる姿のほうがみんなも楽しい! 案もいろいろ出てはいるんですけど。

さらら:
免許取りたいとか。旅行に行きたい、麻雀したいとか。片っ端から叶えていきたいですね。どんな番組にするかは、ラジオが始まる前に会議をして、方向性を話し合いました。

かなこ:私達の提案は無茶振りが多いかもしれないので、採用されるかはわかりませんけど。

さらら:1週間ハワイに行きたいとか願望だけをずっと言ってる感じです。ハワイでも収録できるかな、楽しみ~。

dsc_0180-2

――旅以外にやりたいことは?

かなこ:いっぱいあります。アイシングクッキー作りたいとか。

さらら:それを私が破壊していくっていう企画(笑)。他にも、お皿を投げて割っても良い場所があるらしいので、そこには行ってみたいです。キックボクシングとかね。あと、とにかく麻雀を勉強したい。雀荘で収録とかしたいんです。

――じゃああと2人必要ですね。

さらら:大塚明夫さん、銀河万丈さんとか?

かなこ:渋い(笑)。何か新しいことやりたいですね。

さらら:かなこはバンジー飛びたいって言ってました。

――すぐ叶いますよね。

さらら:日本一の竜神大吊橋……。

かなこ:私、意外とイケると思うよ。

さらら:まじで? 超怖いよ。

かなこ:死にゃあせん(笑)。

さらら:……だそうです。行きましょう!

かなこ:でも、その時はたぶん一緒にやるからね。

dsc_0175-2

さらら:絶対嫌だ!! あと、私は1人でお化け屋敷に死んでも入らないので、仕事じゃないと入らないと思うんだよね。

かなこ:私も入らない。まじで嫌いだよ、お化け屋敷。

さらら:富士急の『戦慄迷宮』とか。

かなこ:あー、きっとイライラしちゃう。怖い怖い。あとサバゲーしたい!

さらら:あー! やったことないからやってみたい!

dsc_0172-2

かなこ:あと私はリア充がする遊びをしたい。スノボとか。絶対プライベートでやらないじゃん?

さらら:
やらないね、スキーもしたことない。そっか、リア充がやる遊びをリストアップしていくのも有りですね。

――けっこう出てくる案がアクティブですね。

かなこ:お仕事だからです。

さらら:プライベートじゃ絶対やらないことを言ってるだけ。だってプライベートは家でゲームしてるし。外に出ていかない。

――2人で出かけたりするんですか?

さらら:めったにないね!

かなこ:遠出したくないし、朝早く起きたくないから。集まるなら夕方から。

さらら:映画だったら座っていられるし良いかな。

『かなことさらら』は金の卵の予感!?

――友だちとして以外に、番組を一緒にやっていくにあたって、楽しみなことは何ですか?

さらら:やっぱり旅行?

かなこ:旅行は「いつか行かせてくれ!」って言っているので、それを楽しみにお仕事頑張ろうって(笑)。

さらら:良い反響を頂けたので、コンビとして「これは良い原石なんじゃないか」と我ながら思っていて(笑)。だって初回放送(5月のニコ生特番)こんなに反響ある!?って思ったから、金の卵の予感はしているので、伝説的な存在になれたらなって思います。「『かなことさらら』って番組は声優界で一番おもろい」みたいな風になっていきたいな(笑)。

かなこ:良い意味でヤバイって言われたいね。

dsc_0156-2

――意気込みと目標を教えてください。

かなこ:『かなことさらら』、みなさまのご好評につき、ラジオまで始めさせていただくことになりまして、本当にありがとうございます。最初のニコ生をやってみて、みなさんこういう雰囲気が好きなんだなっていうのがわかった気がしたので、それがすごく嬉しかったですね。この雰囲気を保ちつつ、もっともっと内面に沿ったというか、人格が見えてくるような企画をやっていきたいと思いますので、ぜひみなさま、チャンネル登録をよろしくお願いします(笑)。みなさまのチャンネル登録、課金によって成り立つ番組なので(笑)。そのみなさまのお力をいただいて、ゆくゆくは海外進出ということで、私はやっぱり南国に行くことを目標にやっていきたいなと思います。

さらら:レギュラー化させていただくということで、私も初回の収録を終えて、こんなに楽しい時間が仕事でいいのかっていうくらい、本当にただただ楽しいだけなので、この楽しさをみなさんに共有して、「『かなことさらら』見ている時間楽しいぞ」ってみなさんに思ってもらえるように、我々も全力で楽しんでいきたいと思っています。私達の目標としては、100回、200回と続く名物長寿番組にしていきたいので、そのためには、みなさんのチャンネル会員登録がすごく重要になってきます。みなさまのチャンネル会員登録のお金で、私達が出来ることが決まってくるということなので、散々これだけ海外旅行に行きたいと言っているということは、きっと1万人くらい集めないといけないから、ぜひ「俺も楽しむ!」って気持ちでお金をチャリンとしていただけると……。

かなこ:一緒に行こう、旅行……気持ちだけね!

さらら:そうね! 旅番組みたいな気持ちでさ! 聞いてたり見てるだけでこんなにも楽しいぞって。「月々の会員登録料で、俺はバリ島にも来れるのか!」と思える幸せは私達がお届けするので、ぜひぜひよろしくお願いします。

――ありがとうございました! 頑張ってください!

『かなことさらら #01』の“映像付きほぼノーカット版”は7月12日23時よりニコニコチャンネルで放送。

かなことさらら ニコニコチャンネルページ:
http://ch.nicovideo.jp/kanakosarara

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。