体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

梅雨~夏はホップの季節なのか!?/ビアエッセイストが新作6本レビュー

鳥取県大山町在住のライターでビアエッセイストの矢野竜広が、梅雨から夏にかけての新作ビールをレビューしました!

不快指数の高さを新作ビールで下げてしまおう!

本格的な夏が近付いている。
春が到来する前に寒い冬が必ずあるように、盛夏の到来前には長雨で蒸し暑い季節がどうしても付きまとう。こういう不快指数が高い時期には、新作のビールを楽しむことで乗り切るのが矢野@beeressayist流。
 
さて、今回ランダムにチョイスした6本はこちら!

・横浜ビール ブルーベリーブロンシュ
・グランドキリン 梅雨のエキゾチック
・サントリー ザ・モルツ サマードラフト
・サッポロ 麦とホップ 夏空のホップセッション
・KIRIN一番搾り 夏冴えるホップ
・軽井沢ビール クラフトザウルス

一本ずつ実飲していくことにしよう。
 

横浜ビール ブルーベリーブロンシュ

東京に住んでいる頃、ブルーベリーという果物は全く身近ではなかった。ところが、縁あって移住した鳥取県の大山町というところはブルーベリーの名産地だった。それゆえ、こちらでは「ブルーベリー狩り」なんて娯楽も楽しんでいる。今年はまだ行ってないけど、町内ではもうブルーベリー農園が賑わっていると聞く。

横浜ビールのある神奈川県では、小田原がブルーベリーの産地のようである。なんと300年の歴史がある農園の逸品を使用したブルーベリーブロンシュをいただいてみた。

グラスに注いでびっくり、かなりブルーベリーカラーが出ている!香りはホップが支配的。頑張って嗅ごうとするとほのかなブルーベリーの香りが感じられる。では……
 
実飲!
 
飲むとブルーベリーをしっかり感じる。美味い!「ブロンシュ」(白という意味)ということは小麦を使っているということで、それって簡単に言うと「苦みが弱いよ!」ってのが一般的なのだけど、これは意外と苦みが感じられる。で、後味がスパイシーな印象。やっぱり女子におすすめしたい一本だ。
 
ブルーベリーに加えて、小麦も地元産であることがラベルからわかる(もちろん水も)。こういうのは「クラフトビール」より「地ビール」の方がふさわしい。今って一周まわって「地ビール」が新しいと僕は思う。
 
※季節限定ビールなので、無くなり次第終了。※7月中旬~下旬ごろ完売の見込み。
 
詳細は公式情報を
http://www.yokohamabeer.com/ [LINK]

グランドキリン 梅雨のエキゾチック

これまで「梅雨」を前面に出したビールなんて存在しただろうか?
グランドキリンの新作、その名も「梅雨のエキゾチック」。

「エキゾチック」という商品名そのものもそうだけど、「さわやかにして不思議な奥行き」というキャッチ、「ベルジャンインスパイア―ド」というスタイルといい全てが曖昧模糊としている。雰囲気系全開のビール、果たしてどんな味なのだろうか?まずグラスに顔を近付けると…グ、グランドキリンの香りがする!(わかる人はわかると思う)
 
実飲!
 
かなりどっしりしている。アルコール度数は5.5%なのだけどミディアムボディのようなコクがある。飲みごたえがあって美味しい!味わいとしてはブドウやオレンジのニュアンスを感じる(ブドウはラベルの紫色から影響を受けただけかもしれない)。ベルジャンにインスパイア―ドされた部分は、副原料にコリアンダーシードを使用している点。確かにスパイシー。炭酸も強く、ハジける感じがあるがこれが「梅雨の雨を表現している」と考えたら深読みになるだろう。
 
どうでもいいのだけど、僕は「エキゾチック」というワードに黒っぽさを感じる。だから、液色も「もうちょっと濃い方がいいのになあ」と思ってしまった(僕だけ?)。
 
詳細は公式情報を
http://www.kirin.co.jp/products/beer/grandkirin/index.html [LINK]

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。