ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【FLOW】 『15th Anniversary TOUR 2017「We are still Fighting Dreamers」』 2017年7月2日 at 恵比寿LIQUIDROOM

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

 1曲目、勢いと貫禄を兼ね備えた15年目の「ブラスター」で幕が開くと、フロアーが強烈な熱気に包まれる! 2003年7月2日、「ブラスター」でデビューしたFLOW。最新ミニアルバム『Fighting Dreamers』を引っ提げてのツアー2日目であり、デビュー15周年イヤー突入という記念すべきこの日。「ブラスター」の直後にKOHSHI(Vo)作の新曲「Go!Go!Drinkers」を演奏したりと、序盤から新旧織り交ぜた選曲で現在のFLOWを見せつける。
 (okmusic UP's)

 メンバーそれぞれが作詞作曲を務めた楽曲が収録され、5人の個性が炸裂した最新作の楽曲たち。GOT’S(Ba)作の「秘密の作戦」は、GOT’Sが地を這うようなヘヴィなベースサウンドと超絶プレイで圧倒し、TAKE(Gu)作による「クライムオン」はジャジーで大人な雰囲気を生み、IWASAKI(Dr)作のダイナミックな「Bet or Dead」では圧巻のドラムソロを披露し、観客をヒートアップさせた。

 “僕らが誇れることはこの5人でやれてることと、ずっとみんなとライヴができていること”とKEIGO(Vo)が語るように、メンバーの大切さを歌った「Re:member」など、5人にとっても大事な曲を披露し、FLOWの新たな代表曲と言える「風ノ唄」、そして15年間歌い続けて来たFLOWの代表曲「GO!!!」でこの日一番の盛り上がりを見せた会場。そして、KEIGO作による、最新ミニアルバム収録曲「旅の途中」では、ここからさらに前へと進む決意を歌い、15年目のバンドの未来を提示した。闘う夢追い人たちの旅は、まだまだ続くのだ。
撮影:柴田恵理 /取材:フジジュン
セットリスト
現在ツアー中のため、セットリストの公表を控えさせていただきます。
FLOW
フロウ:疾走感あふれるエネルギッシュなバンドサウンドと思わず身体が弾み出すようなメロディーを武器に、全国でイベント出演やライヴを繰り広げる。『NARUTO -ナルト-』『交響詩篇エウレカセブン』『ドラゴンボールZ 神と神』など、多くのアニメにも楽曲を提供し、最近では世界各国で行なわれるアニメフェスなど、日本ばかりではなく諸外国へと活動の広がりを見せている。15年にはアルバム『FLOW ANIME BEST 極』を引っ提げて、バンド史上初のワールドツアーも成功させた。17年7月からはデビュー15周年イヤーに突入し、全国6大都市7公演のツアーを開催する。
 (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's) (okmusic UP's)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。