ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

ヤフー株式会社に「遊戯王OCG同好会」を発見! その活動現場に潜入してみた!!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
ヤフー株式会社に「遊戯王OCG同好会」を発見! その活動現場に潜入してみた!!

国内発の大ヒットTCGとして、人気を誇る『遊戯王OCG デュエルモンスターズ』(以下、『遊☆戯☆王OCG』)。

1999年の発売以降、国内外で多くのファンを獲得し、2009年には「世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲーム」というギネス記録を打ち立てた、いわずと知れたTCG界の雄だ。

2016年からは同じ高校に通うチームや大学のサークル間で戦う「学校対抗戦」が開催される、そのファン層の広さがうかがえる。

そんな『遊☆戯☆王OCG』のファンは、当然、学生だけにとどまらない。KAI-YOU.netが調べたところ、なんと、あのヤフー株式会社にも『遊戯王OCG』の同好会が存在するという。そこで、今回はヤフー株式会社の「遊戯王OCG同好会」の活動現場に突撃。同好会代表の大城卓氏にお話を聞いた。

取材・文:須賀原みち

「遊戯王OCG同好会」ができるまで

大手IT企業であるヤフー株式会社。もはや説明するまでもない超有名企業だが、とある平日の就業時間後、ヤフー社内の食堂を覗いてみると、何やら数人が集まってカードゲームに興じている姿が……。実は、ヤフー株式会社には日本国内発のTCG『遊戯王OCG』を楽しむ「遊戯王OCG同好会」が存在しているのだ!

「遊戯王OCG同好会」代表の大城卓さん(本業ではIoT開発部所属)によれば、同同好会の発足は2012年。これは大城さんがヤフー株式会社に新卒入社した年でもある。

ヤフーには終業後のレクリエーション活動として部活・同好会制度があり、「遊戯王OCG同好会」はその中のひとつ。ほかにも、「ぷよぷよ同好会」や「Magic: the Gathering同好会」、「格ゲー同好会」といった同好会も存在するという。

「遊戯王OCG同好会」発足のきっかけについて、大城さんに話を聞いた。

もともと、学生時代から『遊戯王OCG』をプレイしていた大城さん。現在、29歳の大城さんはちょうど“遊☆戯☆王世代”で、小学校の頃には男子はほぼみんな『遊戯王OCG』で遊んでいたという。大城さん自身、中断期間がありながらも20歳過ぎに再開した“復帰プレイヤー”だ。

そんな大城さんは、ヤフーの新人研修で出会った同期の『遊戯王OCG』プレイヤーと意気投合。当初は、終業後に社外のカードショップでデュエル(対戦)を楽しんでいたという。

「ただ、退勤が19時を過ぎてしまうと、それ以降遅くまで営業をしているカードショップが近くになくて、対戦場所に困っていました。そんな時、『ぷよぷよ同好会』を立ち上げようとしていた同期から、『ヤフー社内の同好会だったら、活動場所として会社の会議室が借りられる』という話を聞いたんです」(大城さん)

ヤフーの制度では、同好会として認められるには「5人以上のメンバー」と「3ヶ月の活動実績」が必要となる。そこで、大城さんは社内チャットツール「MYM」の中で、『遊戯王OCG』の部屋を作成。同士を募って、活動を開始した。

具体的な活動内容は、みんなでひたすら集まって『遊戯王OCG』でデュエルすること。そこで興味を持った仲間が集まって、デュエルを繰り返す日々。そんな地道な(?)活動が実を結び、2012年、無事「遊戯王OCG同好会」が立ち上がった。

それ以来、隔週で1日、終業後の19時〜21時30分頃まで、5〜6人ほどが集まってもっぱらデュエルに勤しんでいる。同好会のメンバーはそれなりに入れ替わりもあって、しばらく来なくなったり、久しぶりに顔を出すメンバーもいるという。

社員との思わぬ交流も

また、会社の新人研修の時期には、部活や同好会によるアピールタイムといった催しが設けられる。学生時代の部活動の新入生案内のようなものをイメージしてもらえればいいだろう。そこで、新会員の募集をかけることもあるのだという。

「(内容としては)一枚のスライドでプレゼンするくらいです。興味がある人は言わないでも来てくれるし、(『遊戯王OCG』の同好会を)やってることさえ伝わればいいかな、と。だから、『アピールを見て同好会に入った』って人はあんまりいません(苦笑)。ただ、会場では『そんな同好会があるんだ!』って感じで、ウケるというかざわついたりはしますね(笑)

ヤフー「遊戯王OCG同好会」の様子_2

このように、ヤフーでは社内の部活動・同好会活動が盛んだ。5800人を超える従業員を抱えているヤフー。こうしたレクリエーション活動を通じて、社員同士のコミュニケーションが活発になることも多いという。

「知らない部署同士の人だったり、遠い部署の人とも知り合うきっかけにはなってると思います。うちのメンバーもみんなバラバラの部署なので、同好会がなかったら出会わなかった人たちです。

「『遊戯王OCG』では、カードの制限・改定に関する話題が一番盛り上がるので、その時期には制限・改定について、みんなで話したりもしてます(笑)。

それと、ヤフーには希望した部署に異動できる“ジョブチェン制度”があるんですけど、それで僕が異動した先の部署に同好会のメンバーがいたので、その部署の雰囲気とかを聞いてみたり、ということはありましたね。

あと、たまに社内で『遊☆戯☆王の人ですよね』って声をかけられることもあります(笑)」(同)

ちなみに、「同好会の活動後、みんなで飲みに行ったりすることもあるんですか?」と聞くと、「活動が終わるのが22時くらいなので、あまり飲みに行ったりはしないです。明日も仕事があるんで……」(同)との答え。和気あいあいとしながら、そこはかとなくストイックなデュエリスト感が漂っている……!

プログラミングの役に立ってるかも…? 『遊戯王OCG』の魅力

ここで、「『遊戯王OCG』をプレイしていて、何か日常生活で役に立ったことはありますか?」という質問をぶつけてみる。「う〜ん」としばし悩む大城さん。

もしかしたら、論理的思考を養ってたり、プログラミングの役に立ってるかもしれないですけど……。それはちょっと、わからないです(苦笑)。むしろ、カードが家でかさばって困ってますね(笑)」(同)

ヤフー「遊戯王OCG同好会」の様子_3

それでも『遊戯王OCG』を遊ぶため、同好会まで立ち上げた大城さん。それでは、『遊戯王OCG』の魅力とは? 「人それぞれの好みがあると思うので、あくまで僕の個人的な意見ですが……」と前置きをした上で、以下のように話す。

『遊戯王OCG』はマナコスト【※】の概念がないから、1ターン目からなんでもできるんです。だから、構築の自由度が高くて、なんでもあり。その大味なところが好きですね。

やっぱりTCGって、コンボとかを色々考えて、それが思い通りにいくと気持ち良いし、楽しい。

今日は、先攻1ターン目でコンボが決まると、相手のデッキを全部除外できる(=最初のターンで先攻が勝利となる)っていうデッキを組んできました」と、大城さんは笑う。

【※カードをプレイするためのコストを意味する。大抵、強いカードはプレイするにはコストが重く、制限が強い】

最後に、「大会出場など、『遊戯王OCG同好会』の今後の野望はありますか?」と聞いてみると…

「今のところ、大会で結果を残そうっていう方向性ではないですね。なので、継続して活動していくっていうのが今の目標です。やっぱり対戦相手がいなくなってしまうと寂しいので。

(TCGは)デッキを組んだり、カードを整理したりするのに時間を使うので、なかなか気軽に勧められる趣味でもないです。なので、本当にやる気のある人だけ集まってやれたらいいかな、と」(同)

あくまで自主性を重んじつつ、終始、レクリエーションとしての同好会活動を楽しんでいることがうかがえた。

ちなみに、もし他社の「遊戯王OCG同好会」などがデュエルを申し込んできたら……?

いらっしゃったら、面白いですね(笑)。ぜひ、対戦してみたいです」(同)とのこと。というわけで、「うちの会社にも『遊戯王OCG同好会』があるぜ!」という他社のデュエリストの方々、ヤフーの「遊戯王OCG同好会」にデュエルを挑んでみては……?

引用元

ヤフー株式会社に「遊戯王OCG同好会」を発見! その活動現場に潜入してみた!!

関連記事

【6月23日〜6月29日】今週Twitterに投稿された最高に可愛い女の子画像まとめ
カードゲームに抵抗のある作家が「ぽいもの」をつくってみた! 失敗しない5つの心得
『FF7』ミッドガルは渋谷にあった? 目の前が聖地になったので行ってきた

カテゴリー : エンタメ タグ :
KAI-YOU.netの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。