体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ヤフー株式会社に「遊戯王OCG同好会」を発見! その活動現場に潜入してみた!!

ヤフー株式会社に「遊戯王OCG同好会」を発見! その活動現場に潜入してみた!!

国内発の大ヒットTCGとして、人気を誇る『遊戯王OCG デュエルモンスターズ』(以下、『遊☆戯☆王OCG』)。

1999年の発売以降、国内外で多くのファンを獲得し、2009年には「世界で最も販売枚数の多いトレーディングカードゲーム」というギネス記録を打ち立てた、いわずと知れたTCG界の雄だ。

2016年からは同じ高校に通うチームや大学のサークル間で戦う「学校対抗戦」が開催される、そのファン層の広さがうかがえる。

そんな『遊☆戯☆王OCG』のファンは、当然、学生だけにとどまらない。KAI-YOU.netが調べたところ、なんと、あのヤフー株式会社にも『遊戯王OCG』の同好会が存在するという。そこで、今回はヤフー株式会社の「遊戯王OCG同好会」の活動現場に突撃。同好会代表の大城卓氏にお話を聞いた。

取材・文:須賀原みち

「遊戯王OCG同好会」ができるまで

大手IT企業であるヤフー株式会社。もはや説明するまでもない超有名企業だが、とある平日の就業時間後、ヤフー社内の食堂を覗いてみると、何やら数人が集まってカードゲームに興じている姿が……。実は、ヤフー株式会社には日本国内発のTCG『遊戯王OCG』を楽しむ「遊戯王OCG同好会」が存在しているのだ!

「遊戯王OCG同好会」代表の大城卓さん(本業ではIoT開発部所属)によれば、同同好会の発足は2012年。これは大城さんがヤフー株式会社に新卒入社した年でもある。

ヤフーには終業後のレクリエーション活動として部活・同好会制度があり、「遊戯王OCG同好会」はその中のひとつ。ほかにも、「ぷよぷよ同好会」や「Magic: the Gathering同好会」、「格ゲー同好会」といった同好会も存在するという。

「遊戯王OCG同好会」発足のきっかけについて、大城さんに話を聞いた。

もともと、学生時代から『遊戯王OCG』をプレイしていた大城さん。現在、29歳の大城さんはちょうど“遊☆戯☆王世代”で、小学校の頃には男子はほぼみんな『遊戯王OCG』で遊んでいたという。大城さん自身、中断期間がありながらも20歳過ぎに再開した“復帰プレイヤー”だ。

そんな大城さんは、ヤフーの新人研修で出会った同期の『遊戯王OCG』プレイヤーと意気投合。当初は、終業後に社外のカードショップでデュエル(対戦)を楽しんでいたという。

「ただ、退勤が19時を過ぎてしまうと、それ以降遅くまで営業をしているカードショップが近くになくて、対戦場所に困っていました。そんな時、『ぷよぷよ同好会』を立ち上げようとしていた同期から、『ヤフー社内の同好会だったら、活動場所として会社の会議室が借りられる』という話を聞いたんです」(大城さん)

ヤフーの制度では、同好会として認められるには「5人以上のメンバー」と「3ヶ月の活動実績」が必要となる。そこで、大城さんは社内チャットツール「MYM」の中で、『遊戯王OCG』の部屋を作成。同士を募って、活動を開始した。

具体的な活動内容は、みんなでひたすら集まって『遊戯王OCG』でデュエルすること。そこで興味を持った仲間が集まって、デュエルを繰り返す日々。そんな地道な(?)活動が実を結び、2012年、無事「遊戯王OCG同好会」が立ち上がった。

それ以来、隔週で1日、終業後の19時〜21時30分頃まで、5〜6人ほどが集まってもっぱらデュエルに勤しんでいる。同好会のメンバーはそれなりに入れ替わりもあって、しばらく来なくなったり、久しぶりに顔を出すメンバーもいるという。

社員との思わぬ交流も

また、会社の新人研修の時期には、部活や同好会によるアピールタイムといった催しが設けられる。学生時代の部活動の新入生案内のようなものをイメージしてもらえればいいだろう。そこで、新会員の募集をかけることもあるのだという。

「(内容としては)一枚のスライドでプレゼンするくらいです。興味がある人は言わないでも来てくれるし、(『遊戯王OCG』の同好会を)やってることさえ伝わればいいかな、と。だから、『アピールを見て同好会に入った』って人はあんまりいません(苦笑)。ただ、会場では『そんな同好会があるんだ!』って感じで、ウケるというかざわついたりはしますね(笑)

1 2次のページ
KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。