体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

SFスリラー映画『ライフ』真田広之インタビュー「この恐怖は“人間のエゴ”に対する警告」

真田広之

人類の夢も希望も砕かれる――。7月8日に公開される映画『ライフ』は、そのタイトルからは想像もつかない、恐怖の連続に意表をつかれるSFスリラー。火星で採取した地球外生命体が宇宙飛行士達を襲う描写は、思わずヒエッと悲鳴があがるほど怖いです。

本作でジェイク・ギレンホール、ライアン・レイノルズらと共演し、映画の中で重要なキャラクターを演じるのが真田広之さん。インタビューでは作品について、ハリウッドで勝負するということについて、色々とお話を伺ってきました。

%e7%9c%9f%e7%94%b0%e5%ba%83%e4%b9%8b_dsc_0246

――『ライフ』大変面白く拝見させていただきました。日本だと今年の夏、唯一のホラー大作として期待を集めています。

真田:そうなんですか? ライバルなし? やりましたね(笑)。

――本作での恐怖の演出についてはどんな事を感じられましたか?

真田:監督のリアルでエッヂの効いた物を求めるエネルギーっていうのがすごかったんですね。表現に対してテンションが高いといいましょうか。恐怖についても、リアルで“信じられるもの”というのをとにかく追い求めていました。日本のホラーでもなく、ハリウッドにありがちな脅し的なものでもなく、監督の持つ独特な恐怖に対するセンスといいますか。本当にそんな地球外生命体が現れたらどうリアクションをとるのか? あくまでも信じられる範囲で恐怖を積み重ねていく。そのへんは独特でしたね。

―火星で採取した生命体が襲いかかるシーンは怖くて怖くて……。撮影現場にはあの生命体は存在せずに、皆さんは想像で演技しているのに本当にいるかの様なリアルな緊張感がありました。

真田:そうですね、実際には想像力を駆使して撮影をしなきゃいけません。あの生命体は段階ごとに大きさが変わっていくので、今どのコースをどのくらいの大きさで、どんなことになっているか都度監督に聞きながら演技しました。

―どんな恐怖を想像しながら演技されたのでしょうか? 例えば真田さんにとってあの生命体くらい怖いものってありますか?

真田:あのくらい怖いっていうのは……なかなかないですよね。でも「正体さえ未知」というのが一番怖いと思います。正体が分かっていても怖いものは怖いと思うのですけど、やはり地球上になかったものっていうのがね。人間としてそういうものに出会ったときどう対処するべきか、というのがこの映画のテーマの一つになっていると思うので。

キャラクターごとにその生命体を見る目が異なるというのも面白いですよね。僕の演じたショウ・ムラカミというキャラクターは、地球上に新しい家族、つまり“ライフ”が生まれ、同時に地球外生命体の“ライフ”が現れ、他の人以上に里心がつき、喜びと同時に弱みも生まれてしまう。任務への責任と「生きて帰りたい」という気持ちの狭間で戦わなければいけないという気持ちを個性として使わせていただきました。

――劇中のセリフで「地球外生命体には悪意とか敵意はなくて、ただ生存本能があるだけなんだ」といったものがありますが、生存本能の為に人を襲うってシンプルですごく怖いですよね。

真田:あの言葉は、実際にそういったもの(地球外生命体)に対峙した時、どう人類が対応するべきなのか? という問いかけであり警告であったと思いますね。本作の地球外生命体でいうと、おそらくは自然というものが封じ込めてくれたものを、寝た子を起こすように刺激してしまう。人間のエゴですよね。科学者にとって誉になる、企業にとっては金になる。人間が動物を殺して食べる様に、彼ら(地球外生命体)が生存し子孫を残したいっていうのは本能なわけで。自分たちにもライフはあるけど、他のライフに対してどう立ち会ってどう責任をとっていくのか? 監督が常に意識していたのはそこかなと思いますし、僕もその考えに大賛成です。

1 2 3次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会