ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

夏はやっぱりスパイスカレー! モス『アジアンカレーモスバーガー』期間限定登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
170705_%e3%82%a2%e3%82%b8%e3%82%a2%e3%83%b3%e3%82%ab%e3%83%ac%e3%83%bc%e3%83%a2%e3%82%b9%e3%83%90%e3%83%bc%e3%82%ac%e3%83%bc

アツ~い夏に食べたいものといえば……? 

「それはやっぱりスパイス効いたカレーでしょ!」という人も多いのでは。

モスバーガーから、そんなスパイスたっぷり、夢たっぷりのハンバーガー『アジアンカレーモスバーガー』 (390 円)が、7月11日より期間限定にて登場します。

この商品は、看板商品『モスバーガー』のバリエーションとして夏季の期間限定。2015年からモスバーガーでは、看板商品の『モスバーガー』を“夏だけのモスバーガー”と題し、「ミートソースが別のソースに変わったら?」をテーマに商品開発を行っているのだそう。

インドネシアのおもてなし料理である『ルンダンカレー』をイメージ

今年の“夏だけのモスバーガー”は、インドネシアの代表的な料理である『ルンダンカレー』をイメージした、東南アジア風のカレーソースを使ったもの。『ルンダンカレー』は、主に祭事やお客さまのおもてなし料理として作られるといわれ、数種類の香辛料やココナッツミルクに、インドネシア料理によく用いられるサンバル(唐辛子ペースト)などを使用した郷土料理。そしてそのインドネシアのおもてなし料理にモスらしさを加えたのが『アジアンカレーモスバーガー』。

スパイスたっぷりに隠し味は味噌! 『アジアンカレーモスバーガー』

ジューシーなパティ(肉)の上に、マスタードとマヨネーズタイプをぬり、オニオンのみじん切り、オリジナルカレーソース、輪切りのトマトが重なっています。
モスオリジナルのカレーソースは、じっくりと炒めたにんにく、生姜、牛肉、玉ねぎに、チキンやビーフの旨みやココナッツミルクに、インドネシア料理によく使用される調味料であるサンバル(唐辛子ペースト)をはじめ、シナモンやクローブなど 11 種のスパイスを加え、香り豊かでコクのあるまろやかな味わいに。本格的な味わいを追及しながらも、隠し味に味噌を加えることで、日本人にも馴染みやすい味のカレー。

夏にうれしい香辛料をきかせたエスニックな味わいの『アジアンカレーモスバーガー』。 この夏、味わってみてはいかが?

モスバーガー
http://mos.jp/

新商品概要

■商品名・価格 :『アジアンカレーモスバーガー』(390 円)
■販売期間:2017 年 7 月 11 日(火)~2017 年 9 月中旬 *期間限定
■販売店舗:全国のモスバーガー店舗(一部店舗除く)

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。