体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

自分の分身と協力してカラクリを解く新感覚ゲーム『己の信ずる道を征け』本日発売!

oreike

ガジェット通信でもこれまでご紹介してきたPSP用ゲーム『己の信ずる道を征け』(おのれのしんずるみちをゆけ、以下『オレイケ』)が、本日発売されました。価格は3990円(税込み)。発売元のフロム・ソフトウェアは、発売を記念してオリジナルスクリーンセーバーの配信を開始しています。

『オレイケ』は、主人公の忍者、疾風丸が分身の術を駆使して「からくり」を解き、60秒以内に各ステージのクリアを目指す、パズル要素をフィーチャーしたアクションゲーム。過去の自分のプレイ内容が分身(リプレイ)として再生され、分身と協力してステージのカラクリを解いていきます。“自分のリプレイと協力する”というコンセプトは、クリエーターの石井克雄氏(NEKOGAMES)が、Flashゲーム『Cursor*10』(カーソル 10)で初めて提示し、世界中で1ジャンルを築くまでにブームを巻き起こしました。『オレイケ』では、企画・開発を担当するシリコンスタジオが『Cursor*10』から得た着想を基に、コンシューマゲームとしての味付けと肉付けを行った結果、okama氏がデザインを手がける個性的なキャラクターと浮世絵を思わせる美麗なグラフィック、伝奇小説のような世界観を持ったユニークな作品に仕上がりました。発売前にはフロム・ソフトウェアがFlashゲームクリエーター向け体験会を実施するなど、ウェブゲームとコンシューマゲームのコラボレーションという面でも、注目できる作品です。

oreike_ss

フロム・ソフトウェアは本日、発売を記念して、登場キャラクター『真奈姫(まなひめ)』のイラストを配したオリジナルスクリーンセーバーの配信をゲーム公式サイトで開始しました。本日から6月18日正午までの期間限定です。キャラクターが気になる方はスクリーンセーバーをダウンロードして、ゲームのルーツが知りたい方は『Cursor*10』と、発売を記念して制作された続編『Cursor*10 2nd session』をプレイして、より深くゲーム世界を満喫してみてはいかがでしょうか。

■関連サイト
『己の信ずる道を征け』公式サイト
『Cursor*10』(『モゲラ』にて公開中)
『Cursor*10 2nd session』(『モゲラ』にて公開中)

■こんな『オレイケ』の記事も
PSP『己の信ずる道を征け』無料体験版が4月17日に配信開始!
Flashゲームとコラボ?PSP『己の信ずる道を征け』クリエーター体験イベントに行ってきた

shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会