体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

殺人鬼カップルの血まみれの愛を描く『地獄愛』監督インタビュー 「愛は狂気なんです 僕はそこに惹かれる」

「我々が狂った世界に生きているから、自分の作品では狂気を描くんです」

最新作『地獄愛』がいよいよ日本でも公開となる、ファブリス・ドゥ・ヴェルツ監督にスカイプインタビューを敢行。「なぜあなたの作品はいつも狂気を描くのか」と訪ねたところ、先の答えが即座に返ってきた。

『地獄愛』は、1940年代に実在した殺人鬼カップル・マーサとレイをモデルに、グロリアとミシェルという男女の辿る道を描いた物語。結婚詐欺師であるミシェルは、詐欺相手のシングルマザー・グロリアに必要以上にベタ惚れされてしまう。自分の正体を明かすも一向に冷めることのないグロリアの愛。いつしかミシェルはそれを受け入れ、ふたりで協力して結婚詐欺を働きはじめる。しかしグロリアは詐欺相手の女性に過剰な嫉妬をし、ついには殺害してしまうのだ。かくしてふたりは、“騙して稼いで殺す”という地獄のような旅を続けることとなる。

ヴェルツ監督:世界って本当にちょっとおかしくなってきているし……だからこそ僕の作品では狂気が共通しています。僕の作品は基本的にラブストーリーだと思っています。そして、愛というのは狂気なんです。愛のために人間がすることが、狂気じみていてもおかしくない。僕はそこに惹かれるんです。

――マーサとレイを題材に選んだのは何故だったんでしょうか。

ヴェルツ:アイデアの発端は少し変わったものでした。映画祭で隣に座った女優ヨランド・モロー(『アメリ』『神様メール』などに出演)と、「君がクソ女みたいな役をやったらおもしろいだろうね!」なんてことを話してたんです。そのときは冗談半分でしたが、改めて、これはいいアイデアかもしれないと思ったんです。その後、マーサとレイを題材にした『ディープ・クリムゾン』という映画に出会って、この題材を現代を舞台に描きなおしてみようと思った。結局ヨランドはこの作品に出ることはなかったんですが、長いプロセスを経てグロリア役はロラ・ドゥエニャスに決まりました。

――『地獄愛』では特にロラ演じるグロリアの表情を印象的に見せていましたね。グロリアが死体を前に、ひとりでミシェルへのメッセージを歌い上げるシーンも強烈でした。

ヴェルツ:ロラはとても才能のある女優だと思います。「グロリアというキャラクターのカタルシスをどう表現するか」「リアルと狂気、リアルとファンタジーのバランスをどうやってとるか」については、撮影中ずっとロラと話し合いました。グロリアの歌う歌はこの映画のために作ったものです。あの場面はとても実験的なアプローチでした。撮ってはみたものの、実際にシーンとして成立するのか分からなかった。まあうまくいかなかったらカットしようくらいに思っていました。でも結果的に、人に見せても「すごく面白いシーンになったね」と言われるシーンになりましたね。

――マーサとレイの名前を、グロリアとミシェルに変えていますね。『変態村』に登場するグロリアと関係があるのですか?

ヴェルツ:事件に基づいてはいるんですが、『地獄愛』はあくまでフィクションだからです。僕はレイとマーサの独特なパッションや、セクシュアルなエネルギーを描きたかった。実際の事件のストーリーラインを借りたオリジナルの作品だと思っています。グロリアの名前は……なんだろな、僕は怠惰なので、『変態村』に使った名前をそのまま使っただけかも(笑)。これは『変態村』から連なる3部作になるので、女性のキャラクターをグロリアと呼ぶことで統一したと(笑)。

1 2次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。