体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いまはもう幻のメニュー「ユッケ」をアノ魚で再現してみた【ブリ&コンソメ】

f:id:Meshi2_Writer:20170423152500j:plain

幻のユッケが食べたい

ども、メシ通レポーターの松沢直樹です。

つい先日、久しぶりに韓国料理系の焼肉屋さんに行ったんですが、今は「プルコギ」とか「サムギョプサル」なんていうメニューが人気なんですね。

はたと気づいたんですが、その影で消えてしまったメニューがあります。

そう、「ユッケ」。

少し前まで、焼肉屋さんに行くと必ずといってもいいほど「ユッケ」がありました。

「ユッケ」をご存じない方に、簡単に説明を。

要は「韓国風お肉の刺身」なんですが、お肉独特のうまみと、ねっとりとした食感がたまらないんですなこれが。

お刺身や、生もの好きな日本人のツボを心得たメニューといえましょう。

とはいえ、牛肉の生は、取扱いがよほどしっかりしていないと、衛生上心配です。牛の腸の中に潜んでいる病原性大腸菌(O157など)が、解体中にお肉に付着すると、深刻な食中毒の原因になります。さらに、無鉤条虫(さなだ虫)などの寄生虫に感染する可能性もあります。

非常に残念ですが、2011年には大規模な食中毒事故が起きてしまいました。そのため、現在では「ユッケ」を楽しむことは難しくなっています。

食べられないならば、他の食材で作れないかと考えるのは世の常。

ええ、実はあるんです。

「マグロのユッケ」なる、マグロで代用したものがあるんですね。

たしかに、これはこれでおいしいんですよ。

ただ、「マグロのユッケ」は、生肉を使った「ユッケ」のような、ねっとりとした食感とお肉のうまみは感じられません(あくまで私見ですよ)。

マグロ以外で、「ユッケ」のあの食感と風味をリアルに再現できないものか。

かなーり無茶ぶりな企画ですが、松沢もメシ通レポーターのはしくれ。

本気出して考えてみました。

ブリならアノ食感に近づける

f:id:Meshi2_Writer:20170423151217j:plain

そもそも、「マグロのユッケ」なるものが、なぜイマイチに思えるのか。

私が思うに、二つ原因があると思うんですね。 お肉のうま味がない(魚だから当たり前なんですが) お肉の脂と違って魚の脂は、低い温度で溶ける。そのため、どうしてもお肉を使った「ユッケ」のような、ねっとりした食感とうま味が出ない。

要はこの二つをクリアしてあげれば、意外にいけるんじゃないか?

で、編み出したのがこのアイデア

↓ ↓ ↓ ↓

お肉のうま味をコンソメの素で代用し(コンソメの素は、たいてい牛肉を使って作られています)、脂のねっとりした感じをごま油で演出し、マグロよりも脂が強いブリで作ればうまくいくんじゃないか?

思いつきで試してみましたが、意外なくらい本物に近づきました。

作り方もメチャ簡単です。たれを作って、ブリのお刺身を漬け込むだけなのですから。

まず材料から 。

材料(2人前) ブリの刺身(200g程度)

漬けこみ用タレの材料 コンソメの素……固形1個(粉末のものは小さじ1杯) コチュジャン……大さじ2 日本酒……大さじ10 ごま油……大さじ1 しょうゆ……大さじ1 はちみつ……小さじ1/2(砂糖で代用可) にら……1本(万能ねぎなどでも代用可ですが、その場合おろしにんにくを小さじ半分加えること) トッピング用の卵黄(お好みで)

漬け込み用のタレを作る

それでは、漬け込み用のタレの作り方からご覧ください。

f:id:Meshi2_Writer:20170423151256j:plain
1 2 3 4 5次のページ
グルメ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会