ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

『週刊少年ジャンプ』伝説の“最大発行部数号”が復刻 1994年当時の連載陣が神すぎるッ!

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
jump_1

集英社は、『週刊少年ジャンプ』創刊50周年を記念し、記念・記録・記憶に残った『週刊少年ジャンプ』を特別に復刻。7月15日(土)より3か月連続で発売することを発表しました。

記念すべき第1弾は、1968年発売の“創刊号”(1968年1号)と、653万部を記録した1994年発売の“最大発行部数号”(1995年新年3・4合併号)の2冊パック。当時掲載された作品が、すべてそのまま復刻掲載されます。

創刊号・掲載作品(掲載順)

jump_2

『くじら大吾』梅本さちお
『大あばれアパッチ君』赤塚不二夫
『地獄剣』高野よしてる
『父の魂』貝塚ひろし
『ハレンチ学園』永井豪
『ドル野郎』望月三起也
『フラッシュ・ゴードン』ダン・バリー
『手』楳図かずお

創刊号には、70年代にアクション漫画として大ヒットを記録した『ワイルド7』の作者・望月三起也先生の『ドル野郎』。楳図かずお先生の時代劇ホラーの『手』。巨匠・赤塚不二夫先生のドタバタギャグ漫画『大あばれアパッチ君』。そして、永井豪先生の『ハレンチ学園』読切版など、漫画好き垂涎の貴重な作品がラインアップされています。

最大発行部数号・掲載作品(掲載順)

jump_3

『SLAM DUNK』井上雄彦(オールカラー)
『SHADOW LADY』桂正和(特別読切)
『MINDASSASSIN』かずはじめ
『DRAGON BALL』鳥山明
『みどりのマキバオー』つの丸
『とっても!ラッキーマン』ガモウひろし
『るろうに剣心-明治剣客浪漫譚-』和月伸宏
『ボンボン坂高校演劇部』高橋ゆたか
『NANPOUDEN』梅澤春人(特別読切)
『地獄先生ぬ~べ~』真倉翔・岡野剛
『ジョジョの奇妙な冒険』荒木飛呂彦
『キャプテン翼<ワールドユース編>』高橋陽一
『こちら葛飾区亀有公園前派出所』秋本治
『新ジャングルの王者ターちゃん』徳弘正也
『DRAGON QUESTダイの大冒険』三条陸・稲田浩司・堀井雄二
『影武者徳川家康』隆慶一郎・原哲夫
『NINKŪ-忍空-SECONDSTAGE』桐山光侍
『RASH!!』北条司
『ろくでなしBLUES』森田まさのり
『BØY-ボーイ-』梅澤春人
『BAKUDAN』宮下あきら
『王様はロバ~はったり帝国の逆襲~』なにわ小吉

最大発行部数号はどこを切り取ってもレジェント、まさに黄金期と言える神すぎるラインアップ。表紙には人気キャラクターが勢ぞろいしており、そのまま部屋に飾っておきたくなるデザインです。

第2弾・第3弾も記念すべき号ばかり

jump_4

さらに復刻版第2弾は、1987年発売の『ジョジョの奇妙な冒険』連載開始号(1987年新年1・2号)と、1997年発売の『ONE PIECE』連載開始号(1997年34号)。

jump_5

第3弾は、「わが生涯に一片の悔いなし!!」が収録された1986年発売の『北斗の拳』第一部完結号(1986年26号)と、フリーザ編「クリリンのことか―っ!!!!!」が収録された1991年発売の『DRAGON BALL』人気順位最大得票号(1991年21・22合併号)の2冊パックとなっています。

今だからこそ読み返したい貴重な誌面が入手できるチャンスをお見逃しなく。

『復刻版 週刊少年ジャンプ パック1』
1968年1号(創刊号)
1995年新年3・4合併号(最大発行部数号)
発売日:7月15日(土)
定価:本体833円(税抜き)

『復刻版 週刊少年ジャンプ パック2』
1987年新年1・2号(『ジョジョの奇妙な冒険』連載開始号)
1997年34号(『ONE PIECE』連載開始号)
発売日:8月12日(土)
定価:本体833円(税抜き)

『復刻版 週刊少年ジャンプ パック3』
1986年26号(『北斗の拳』第一部完結号)
1991年21・22合併号(『DRAGON BALL』人気順位最大得票号)
発売日:9月16日(土)
定価:本体833円(税抜き)

集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト:
https://www.shonenjump.com/j/

(C)少年ジャンプ創刊号/集英社
(C)週刊少年ジャンプ1995年新年3・4合併号/集英社
(C)週刊少年ジャンプ1987年新年1・2号/集英社
(C)週刊少年ジャンプ1997年新年34号/集英社
(C)週刊少年ジャンプ1986年26号/集英社
(C)週刊少年ジャンプ1991年21・22合併号/集英社

よしだたつきの記事一覧をみる ▶
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。