ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

人生のホラー映画ベスト4 【映画『こどもつかい』 清水崇監督 編】

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

「ホラー映画のベスト3をあげるなら?」というシンプルながらも悩んでしまう質問を、映画関係者・著名人の皆さんにうかがっていく『ホラー通信』恒例企画です。

今回は、映画『こどもつかい』が現在公開中の清水崇監督にお伺いしました。毎度ホラー好きを苦悩させるこの企画。清水監督も悩まれたあと、どれも外せないということで今回はベスト4と相成りました。

人生のホラー映画ベスト4 清水崇 編

・『鬼畜』(1987) 監督:野村芳太郎
・『ゾンビ』(1978) 監督:ジョージ・A・ロメロ
・『悪魔のいけにえ』(1974) 監督:トビー・フーパー
・『シャイニング』(1980) 監督:スタンリー・キューブリック

<清水崇氏によるコメント>
ホラー映画ではないんですが、一番はダントツで『鬼畜』ですね。この映画に出て来る長男の男の子と同い年のときに、テレビ放送しているのをたまたま観て。もうトラウマですね(笑)。やっぱり子どものときとか、思春期に観た映画って影響も刺激も強いですよね。
『ゾンビ』はまだホラー映画が苦手だった中学生のころに友達に薦められて観ました。「なんでこんなの観るんだ!」と目を覆いながら観ましたけど(笑)。残酷なシーンも多いけどなぜか印象に残って、何度も観るようになって。全編を覆ってる終末感とか、狙って出せるものじゃないと思うんですよ。あれは歴史的に凄い作品だと思います。
『悪魔のいけにえ』も同じ頃ですね。ただただ若者が襲われる、最後にレザーフェイスがチェーンソー掲げて踊ってる。唖然として「なんの意味があるんだ!?」と思いながら、でもこれこそ触れたくなかった現実の悪夢そのもので、美術館(ニューヨーク近代美術館)にこんな映画が保存されるとは、人も進化したと思います。

清水崇監督の関連記事:映画『こどもつかい』清水崇監督インタビュー 「大人をおちょくる“こどもつかい”のキャラクターは僕自身まんまなんです」

レイナスの記事一覧をみる ▶

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。