体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

強制横スクロールRPG『片道勇者』次回作のゲーム概要や画面ラフが公開 ほか ~今週のフリゲ・インディーゲームトピックス

本コーナーでは筆者や編集部がピックアップした、ここ1週間のフリーゲームやインディーゲームの話題を毎週土曜日にお届けします。今週の話題は人気RPG次回作の情報公開や新作フリゲRPG・SRPG公開など8本です。

SmokingWOLF氏、『片道勇者』次回作のゲーム概要、画面ラフ公開
onewaynext

ゲーム制作ツール「WOLF RPGエディター」や強制横スクロールRPG『片道勇者』などの作者として知られるSmokingWOLF氏は17日、現在開発中の『片道勇者』次回作のゲーム概要やゲーム画面のラフ画像をブログにて公開した。

『片道勇者』は、フィールドが強制的に横スクロールしてくシステムが特徴のローグライクRPG。次回作もこのコンセプトを踏襲しつつ、大きな変更としてカードを使ってアイテムやスキルを表現する、カードゲーム的なシステムとなることが今回公表された。プレイ中にデッキへカードを足したり抜いたりして臨機応変にデッキを強化していく、デッキ構築型ゲームのようにアイテムやスキルなどのリソースを管理していく形となるようだ。また、フィールドがヘクスマップとなるのも注目の変更点と言えるだろう。

今回公開されたラフ画像は実際のゲーム画面ではなくあくまで完成イメージのイラストだが、スキルやアイテムがカードとして並ぶ様子や、『片道勇者』にもあった「覚醒」システムの存在などを見て取ることができる。なお、同氏のブログでは引き続き、イメージイラストに込められたさまざまな特徴について紹介されていく模様。

フリゲ短編RPG『雛鳥フェアリーテイル』公開
hinadori-1 hinadori-2

青汁氏は19日、ノンフィールドRPG『雛鳥フェアリーテイル』を公開した。おばあさんから家の裏山へ、薬草を採りに行くように頼まれた少女が主人公の短編フリーゲーム。公称プレイ時間は15~40分となっている。

さまざまな魔法から6つまでをあらかじめセットして戦闘で利用するシステムや、戦闘中の行動で溜まるTPを使用し、ターンを消費せず即時発動する「即応魔法」が特徴。TPは多く溜まるほど与ダメージが増え被ダメージが減るほか、即応魔法は再使用にクールタイムが設定されているため、TPの管理や即応魔法の使い所など、戦術的なバトルを楽しめる作品となっている。

敵を倒して入手できるManaを使って装備品などのアイテムを生成する要素もあり、アイテムは損失なしでManaに還元することも可能。変更可能な装備枠は計6つあり、キャラクターカスタマイズの戦略も醍醐味だ。

フィールド進行中は少女のモノローグを任意で閲覧できるほか、回想シーンなども挟まれる。少女の秘めた想いが徐々に明かされていくシナリオも見どころだ。

フリゲSRPG『ロンドリア物語2』公開
rondoria2

ひーりんまる氏は17日、フリーゲームのシミュレーションRPG『ロンドリア物語2』を公開した。

昨年公開された『ロンドリア物語』の続編。魔法使いの少女リアを始めとした前作でおなじみのキャラクター達や新キャラクター達による、新たな戦いが描かれる。「SRPG Studio」製で、システムはオーソドックスな交互ターン制。

難易度が複数用意されており、キャラクターロストの有無も選択可能。アニメ調のキャラクターグラフィックやキャラクター同士のコミカルな掛け合いも魅力となっている。

1 2次のページ
もぐらゲームスの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。