体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ウイスキーマニアも初心者も楽しめる! スコッチウイスキー『グレン グラント』を徹底解説 『Asahi Brown Spirits Seminar2017』第4回レポート

img_2417_f

世界的なブランドの洋酒について、その魅力と楽しみ方を伝えるメディア向けセミナー『Asahi Brown Spirits Seminar2017』。これまでテネシーウイスキー『ジャック ダニエル』、プレミアムバーボン『ウッドフォードリザーブ』、コニャック『カミュ』と世界的な洋酒についてお届けしましたが、今回が最終回。

関連記事:
[第1回目] 甘いお菓子やシロップも? 『ジャック ダニエル ゴールド』と合う意外な“おつまみ”とは
http://getnews.jp/archives/1708129[リンク]
[第2回目] カクテルでも人気のプレミアムバーボン『ウッドフォードリザーブ』を知っていますか?
http://getnews.jp/archives/1742662[リンク]
[第3回目]一度飲んだらハマる! コニャック『カミュ』の魅力とは?
http://getnews.jp/archives/1776173[リンク]

「このシリーズは全部読んだよ!」というアナタはもう素敵な洋酒通となっていることでしょう。

img_2473_f

ラストを飾るのはスコッチウイスキー『グレン グラント』。この日、『グレン グラント』のマスター・ディステラー、デニス・マルコムさんが来日。『グレン グラント』の魅力をたっぷりと解説していただきました。デニス・マルコムさんは、蒸留所の敷地内で生まれ、17歳で樽職人として勤め始めて以来、約50年『グレン グラント』と関わりを持つ人物。英国王室からサーの称号を与えられています。

img_2421_f

スコットランドの正装で現れた、デニス・マルコムさん。なんともチャーミングな姿。レトロなデザインのウエストポーチにはスマートフォンが入っており、ガジェットも愛用されているようです。それでは、『グレン グラント』の世界観をのぞいてみましょう。

『グレン グラント』の歴史は?

%e3%82%b8%e3%83%a7%e3%83%b3%e3%81%a8%e3%82%b8%e3%82%a7%e3%82%a4%e3%83%a0%e3%82%ba

『グレン グラント』の蒸留所は1840年に創設。創設者は、ジェームズ・グラントとジョン・グラント兄弟。ジェームズは、政治家、エンジニア、発明家であるという多彩な人物。ジョンは、非常に物静かな蒸留をすることに向いたタイプの人物でした。それまで非合法に作っていたウイスキーをイギリスに合法なものとして売り込みました。

dsc01915

合法化される前に非合法なウイスキーが造られていた情景を描いた絵画を見せていただきました。昔は1万4000ほどの非合法な蒸留所があり、中には蒸留所というより、家庭で造られていたものもあったのだとか。

1 2 3次のページ
erini (エリーニ)の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。