体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

“モアナ”が生き生きとしたヒロインである理由――服は全て実在する材料で・10代の身体を徹底再現

0428_moana_may25k-suzukig-shibuya

この春、興行収入50億円突破の大ヒットを記録したディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』。MovieNEXがいよいよ7月5日にリリース、6月28日より先行デジタル配信が開始となります。

ガジェット通信では、『モアナと伝説の海』を生み出した、ロサンゼルス「ディズニー・アニメーション・スタジオ」に潜入取材! 今回は、キャラクター・デザインを行ったアート・ディレクターのビル・シュワブ&コスチューム・デザイナーのネイサ・ボーヴェのプレゼンテーションをお届けします。

モアナは冒険に出かける少女なので、コスチュームも動きやすく作っている

ネイサ・ボーヴェ:コスチューム・デザインは映画の一部でそれぞれのキャラクターのパーソナリティを表現する手段であるだけではなく、彼らが着ているコスチュームからストーリーさえも伝わるデザインを要求されます。モアナはアスリートで、冒険に出て崖から飛び降りたり、水の中に飛び込んだり大活躍するので、コスチュームもそれなりのものになっていきます。スカートにスリットが入っているのは彼女が動き易いように考慮しているからです。アクションが自由にできるようになってるんです。

監督たちが持って帰って来た資料や現地で撮った写真、ビデオをもとにデザインしました。それにオセアニック・ストーリー・トラストの方の意見も聞きました。すべて現実にもとづいた資料、情報を参考に衣装をデザインをしています。

640

▲モアナが身につけているものは、すべて実際にポリネシアの島で手に入る材料・手法で実現可能な衣類。

ポリネシアの島の少女と言うことから、彼女の衣類に使う素材も限られたものになります。このモアナが着ているものはタパと呼ばれる材質のもので、スカートはパンダナスと言う材質です。この生地をもとに、たくさんのユニークなバリエーションを考える必要がありました。ヘアスタイルも、コスチューム・デザインの一部でありストーリーテリングの一部でもあるので重要な意味を持っています。髪の毛を上に上げるのはアクションをする時で、髪の毛が邪魔にならないように考えたもの。髪の毛が長い場合は私たちも上に上げるのが普通ですよね。

また、モアナのアクセサリーはどれも背景に物語があって、それぞれのアクセサリーをディレクターたちにスケッチを見せながら説明する必要がありました。これはモアナのお母さんのコスチュームの詳細で、いろいろな事を説明する役目をもっています。ジュエリーも同じように細かい背景があります。

モアナの最大の特徴は10代であること「すべての身体の動きに若さが表現されていなくてはならない」

ビル・シュワブ:僕がこの作品の制作チームに入った時、監督とプロダクション・デザイナーが「モアナ独特のスタイルを作りたい」と言いました。とはいえ、どんな時もディズニーの作品だと言う事を忘れる事はありません。

僕が考える「ディズニーらしさ」とはアピールです。キャラクターのアピール、つまり見る人が共に感情をシェアできる、心地良くて清々しいアピール。ユニークさはモアナがティーンエイジャーだということです。ディズニーの今までのヒロインたちはモアナより年上が多く、これほど若くなかったと思います。年が若いと言うことは彼女のルックスだけではなく、すべての身体の動きに若さが表現されてなくてはなりません。手の動きなどは特に留意しました。若い独特の手の動かし方ってありますから。

0373_moana_may25k-suzukig-shibuya

▲モアナのキャラクターデザインが完成するまで描かれた様々なスケッチ。これらはモアナのイメージがほぼ固まってきてからのもの。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。