体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

コードの覚え方にはコツがあります【軽音マガジン|ギター編】

ギターを買ったら、まずは 「コード」を覚えるべし!……それはそうなんですけど、全部覚えるのは大変すぎますよね。でも実は、プロでも すべてを丸暗記してるわけじゃない んです。なのに、どんなコードでも弾けちゃうんです。そこには秘密があります。それを教えてくれるのが『ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論』という本なんです。では、どんな秘密かというと……。

今回はこの本に教えてもらいます

Amazon部門別ベストセラー1位!

ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論
著者:いちむらまさき
定価:(本体1,300円+税)

ギター・コードは丸暗記しなくても大丈夫! 7つのルールを覚えれば、押さえられるコードが一気に増えます。シリーズ本には『ギター・スケールを覚えないでアドリブを弾く方法』『コード進行を覚える方法と耳コピ&作曲のコツ』などもありますよ。

まずはAコードの形を覚えよう

この図はギターの指板ですこのような図を「ダイアグラム」と言います。合い言葉は「こん、ばん、み」!

「こん、ばん、み」は、「Aコード」の形以外にもあります

実際に押さえてみてください!

HINT!

「5、8、3」の数字の意味は?
「5、8、3」という数字はコードを作る音の順番を表しています。例えば、Aコードは基本的に「A音(ラ)」を最も低い音と考えます。これを「1」として、「ラ・シ・ド♯・レ・ミ・ファ♯・ ソ♯・ラ」の3番目の「ド♯」と5番目の「ミ」でコードを構成します。8番目の「ラ」は、1番目と同じ「ラ」の1オクターブ上の音です。音楽理論ではこの数字のことを「度数」と呼びます。少し難しいですか? でも大丈夫! この本では数字の意味はそれほど重要ではありません。ベーシックなコードは「 5、8、3 」と覚えておけばOK。それより「 5、8、3 」の場所を指板上で押さえて、体で覚えていきましょう。

「3」を1フレット左にずらだけでマイナー・コードになります

HINT!

「m」 =「マイナー」
コードの名前に「m」と書いてあったら、「マイナー」と読みます。ちょっ と暗い感じのするコードです。

HINT!

1フレット=半音
ギターの指板は「フレット」と呼ばれる金属の棒で区切られています。このフレットは「半音」単位です。Aコードで言えば、「3」にあたる「ド♯」の左隣は半音下の「ド」で、右隣は「レ」なんです。ちなみに、フレットを1個飛ばした音は「全音」と言います。例えば、「ド」と「レ」は「全音」です。この半音と全音の関係は、コードを覚えるときにとても役立つので知っておいて損はないですよ。

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。