ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コードの覚え方にはコツがあります【軽音マガジン|ギター編】

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ギターを買ったら、まずは 「コード」を覚えるべし!……それはそうなんですけど、全部覚えるのは大変すぎますよね。でも実は、プロでも すべてを丸暗記してるわけじゃない んです。なのに、どんなコードでも弾けちゃうんです。そこには秘密があります。それを教えてくれるのが『ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論』という本なんです。では、どんな秘密かというと……。

今回はこの本に教えてもらいます

Amazon部門別ベストセラー1位!

ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論
著者:いちむらまさき
定価:(本体1,300円+税)

ギター・コードは丸暗記しなくても大丈夫! 7つのルールを覚えれば、押さえられるコードが一気に増えます。シリーズ本には『ギター・スケールを覚えないでアドリブを弾く方法』『コード進行を覚える方法と耳コピ&作曲のコツ』などもありますよ。

まずはAコードの形を覚えよう

この図はギターの指板ですこのような図を「ダイアグラム」と言います。合い言葉は「こん、ばん、み」!

「こん、ばん、み」は、「Aコード」の形以外にもあります

実際に押さえてみてください!

HINT!

「5、8、3」の数字の意味は?
「5、8、3」という数字はコードを作る音の順番を表しています。例えば、Aコードは基本的に「A音(ラ)」を最も低い音と考えます。これを「1」として、「ラ・シ・ド♯・レ・ミ・ファ♯・ ソ♯・ラ」の3番目の「ド♯」と5番目の「ミ」でコードを構成します。8番目の「ラ」は、1番目と同じ「ラ」の1オクターブ上の音です。音楽理論ではこの数字のことを「度数」と呼びます。少し難しいですか? でも大丈夫! この本では数字の意味はそれほど重要ではありません。ベーシックなコードは「 5、8、3 」と覚えておけばOK。それより「 5、8、3 」の場所を指板上で押さえて、体で覚えていきましょう。

「3」を1フレット左にずらだけでマイナー・コードになります

HINT!

「m」 =「マイナー」
コードの名前に「m」と書いてあったら、「マイナー」と読みます。ちょっ と暗い感じのするコードです。

HINT!

1フレット=半音
ギターの指板は「フレット」と呼ばれる金属の棒で区切られています。このフレットは「半音」単位です。Aコードで言えば、「3」にあたる「ド♯」の左隣は半音下の「ド」で、右隣は「レ」なんです。ちなみに、フレットを1個飛ばした音は「全音」と言います。例えば、「ド」と「レ」は「全音」です。この半音と全音の関係は、コードを覚えるときにとても役立つので知っておいて損はないですよ。

これで6個のコードを覚えましたねさらに3個増やしてみましょう。

メジャー・セブン・コードは「8」を1フレット左にずらすだけ

HINT!

「M7」=「メジャー・セブン」
「M7」は「メジャー・セブン」と呼びます。このコードは幾つか書き方があって、楽譜によっては「△7」「maj7」と書いてある場合もありますが、全部同じコードです。「何で?」と思われるかもしれませんが、いつの間にかいくつかの書き方が混在してしまったんですね。「Aコード」「Amコード」「AM7コード」を順番に弾いてみてください。これに慣れてきたら、「Eコード」のズラしや「Dコード」のズラしもやってみましょう。

これで9個のコードを覚えたことになります。こんな風に、どこかの音をずらすだけで、簡単に別のコードになるんです。これが丸暗記せずにコードを覚える「1つめのルール」。簡単ですよね。こんな風に、この本には全部で7つのルールが解説されています。

まとめ:基本の「5・8・3」から 「3」 や「8」 をズラすと違うコードに

*本記事は『軽音マガジンVol.1』(リットーミュージック)からの転載です。


『ギター・コードを覚える方法とほんの少しの理論 600個のコードを導く7のルール』
(リットーミュージック)
著者:いちむらまさき
定価:(本体1,300円+税)

いちむらまさき PROFILE
岐阜出身のギタリスト&ウクレリスト&ライター。音楽制作、ソロ・ギター・スタイル、インストラクターなどで活動。さまざまな雑誌に記事を書きつつ、『ウクレレのお手入れ&お手軽カスタマイズを楽しむ本』、『100個のフレーズを弾くだけで飛躍的にギターが上達する本』&『同リズム強化編』、『ギター上達100の裏ワザ』、『耳コピ上達100の裏ワザ』(すべてリットーミュージック刊)など他多数を執筆。東京、神奈川でギター&ウクレレ楽器教室も。

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: Rの広報ガール) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。