体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

音楽評論家・宗像明将が見た、清 竜人25ラスト♡コンサートーーOTOTOYライヴ・レポート

エンタメ
音楽評論家・宗像明将が見た、清 竜人25ラスト♡コンサートーーOTOTOYライヴ・レポート

6月17日(土)に幕張メッセイベントホールで解散コンサートである「ラスト♡コンサート」を行った清 竜人25。

音楽評論家・宗像明将が見た最後のライヴ・レポートをお届けする。

〜〜〜

目を覚ましたら清 竜人25の解散ライヴが待っている。そんな「恐怖」を抱いていた前夜の自分に伝えたい。総合演出を務める清 竜人は素晴らしいエンディングを用意しているよ、と。

2017年6月17日、一夫多妻制アイドルグループ・清 竜人25の解散ライヴ「清 竜人25“ラスト♡コンサート”」が幕張メッセイベントホールで開催された。

「清 竜人25“ラスト♡コンサート”」のテーマは、清 竜人25の「結婚披露宴」。しかも、4時間を費やして全曲を歌うことが事前にアナウンスされていた。結婚披露宴だと言われたら、正装で行くしかないだろう。私はスーツ姿で幕張メッセイベントホールへ向かった。

会場前では、私と同様にドレスアップした清家(清 竜人25ファンの総称)と出会った。そして、デビュー曲「Will♡You♡Marry♡Me?」の衣装に身を包んだ女の子たちの姿も。

入場すると、開演前から清 竜人25の楽曲群が流され続けていた。これから歌う楽曲を平然と流しているのが清 竜人25らしい。そして会場には、ステージからまっすぐに延びた真紅の花道が。そう、ヴァージン・ロードが満員の幕張メッセイベントホールに出現していたのだ。

そして開演直前、清 可恩(第6夫人)がツイートした。チェキの写真のみで、そこには「3年間応援ありがとうございました!! 第6夫人 清可恩」という手書きの文字が。もうすぐ終わるのだ。そう実感した瞬間だった。

開演時間を迎え、荘厳な音楽が響くと、紅白の幕が垂らされたステージ上から、清 竜人25がひとりずつ階段を降りて登場した。清 竜人25がヴァージン・ロードを歩き、花道の先頭へとたどりつく。すると、清 竜人はひざまずいて、夫人たちにひとりずつ指輪をはめていった。

「咲乃、亜美、美咲、可恩、優華、心から愛してます。」

清 竜人がそう言ったとき、涙腺が緩みそうになった私は、清 竜人25に何を見ていたのだろうか? 次の瞬間、「Will♡You♡Marry♡Me?」がスタートした。

「Will♡You♡Marry♡Me?」から「ラブ♡ボクシング」へと続き、銀テープが一気に飛ばされた。この流れに「リリース順に楽曲を歌うのだろうか?」とも考えたが、3曲目は「どうしようもないよ…」だったので、リリース順ではないと判明。4曲目の「Call♡Me♡Baby」では、清 美咲(第4夫人)が清 竜人の頬にキスするシーンもあった。リリース時期に関係なく、バラード、デュエットなど、曲調や趣向ごとにまとめられたセットリストで、そうした工夫があってこそ4時間もの長丁場が成立したのだ。

また、衣装替えで清 竜人25がステージを去ると、3年の歴史を振り返る映像が流された。メンバー募集、オーディション、初ライヴ、清 菜月(第5夫人)の懐妊発表、清 優華(第7夫人)の加入、ファースト・アルバム「PROPOSE」のリリース、初のツアー、2016年4月9日の中野サンプラザでのワンマンライヴ……。映像は随所で流されることになる。

1 2 3 4 5次のページ
エンタメ
OTOTOYの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会