体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『ボルヴィック』が再生可能素材を使用した新ボトル『green bottle』を4月2日より導入  水源地体験ツアーが当たるキャンペーンも!

ボルヴィック green bottle

フランスのナチュラルミネラルウォーター『ボルヴィック』を輸入するキリンMCダノンウォーターズは、再生可能な植物由来素材を一部原料に使用した新ボトル『green bottle』(500ml)を2012年4月2日より順次導入します。『ボルヴィック』は世界60か国で発売されていますが、『green bottle』の導入は、フランス、イギリス、ドイツに続いて日本が世界で4か国目です。

再生可能な素材を一部使用した『green bottle』

『green bottle』は、サトウキビの精糖過程で出る再生可能な廃糖蜜(廃棄物)を一部原料に採用。従来のPETに使用されている非再生資源である石油の使用量を、すべてのPETボトルで安定的に約20%の減量を達成しています。『ボルヴィック』は長年に渡って500mlボトルのプラスチック使用量削減に取り組んでおり、ボトルの強度や安定性を保ちながらも15グラムまでボトルの軽量化を実現しました。また、飲み終わった後にはつぶしやすく、より簡単にリサイクルできるようになっています。

『ボルヴィック』の水はどこから?

ボルヴィックの水源地(ボルヴィックウェブサイトより)

ところで、『ボルヴィック』はどこで採水されているのでしょうか? 水源は、フランス中部オーヴェルニュ地方に広がる火山自然公園のピュイ山脈。約80もの火山が連なる大自然で育まれています。

約1万年前の火山活動で生まれた6層の火山層からなる自然のフィルターにより約3~5年の歳月をかけてろ過されたのが、今私たちが飲んでいる『ボルヴィック』の水なのです。ヨーロッパでは珍しい硬度60mg/Lの軟水なので自然の甘みとまろやかな味わいは、軟水になじんだ日本人にもすっきり飲みやすいというわけです。

地域が一体となって厳格に保護する水源地

ボルヴィックの採水・充填(ボルヴィックウェブサイトより)

ヨーロッパのナチュラルミネラルウォーターの基準は非常に厳格。「あらゆる汚染から保護された水源の地下から採水されていること」「一切の殺(除)菌をせず、直接ボトリングされているもの」である必要があります。地域が一体となって周辺を含めた環境保全活動に取り組み、手つかずの自然にある水源地から生み出されているのです。

『ボルヴィック』の水源地は、オーヴェルニュ火山国立公園内の約4000ヘクタール(東京ドームの約850倍!)の広大な土地。水源中心地帯は、森林や草原が厳重に保護され集落も工場も集約農場もありません。北端にあるボルヴィック村の地下90メートルから採水し、外気に一切触れずに充填・キャッピングしています。

『ボルヴィック宣言』でオーヴェルニュの自然体験ツアーが当たる!

ボルヴィック宣言

こうした『ボルヴィック』の特徴や取り組みに共感する人は、ぜひウェブキャンペーンサイト『ボルヴィック宣言』へどうぞ。キャンペーン期間中に『Twitter』『Facebook』アカウントなどから“ファン宣言”をすると、プロフィール写真やコメントがサイト上に表示され、抽選10名が『ボルヴィック』の水源オーヴェルニュの自然を体験するツアーに招待されます。

『ボルヴィック』の水源地へ、行ってみたいと思いませんか? ツアー予定は9月中旬予定。応募期間は2012年4月2日(月)~6月29日(金)までです。

ボルヴィック宣言
http://www.volvic.co.jp/sengen/
 

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。