体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

映画『こどもつかい』清水崇監督インタビュー 「大人をおちょくる“こどもつかい”のキャラクターは僕自身まんまなんです」

エンタメ 映画

言わずと知れたJホラーの傑作『呪怨』シリーズの清水崇監督がおくる最新ホラー『こどもつかい』が6/17よりいよいよ公開となります。

子どもが失踪した3日後に、その子に怨まれていた大人が子どもの歌う“謎の歌”を聴き、無残な死を遂げるという連続不審死事件を描く今作。事件を追う新聞記者・駿也をHey!Say!JUMPの有岡大貴、子どもから怨みを買ったことで事件に巻き込まれてしまう駿也の恋人・尚美を門脇麦が演じます。そして、今作のキーキャラクターでもある、子供の霊をあやつる謎の男“こどもつかい”を映画初主演となる滝沢秀明が演じることでも話題となりました。

長編映画の監督作として久しぶりにJホラーに回帰し、ホラーファンにとっても待望の作品となった『こどもつかい』について、清水崇監督ご本人にお話を伺いました。

――大人が子どもに殺される映画というと『ザ・チャイルド』や『光る眼』を思い起こしますが、今作のヒントは意外にも『ロスト・チルドレン』(1995/ジャン=ピエール・ジュネ監督作)だったと聞きました。

清水:ジュネ監督の作品が好きなんです。『アメリ』もそうだけど、『ロスト・チルドレン』や『デリカテッセン』のような、可愛いだけでは済まない、“可愛いけど怖い”、男にとっては「女性」でもあるし〝魅かれてしまうからこそ怪しい〟という世界観ですね。すべては表裏一体なんです。今作はホラーとは言いつつもファンタジックな要素もある。毎回、自分の中で“人魚姫”とか“アリス”とか、裏テーマを決めているんです。今回の滝沢さん演じるこどもつかいは“ハーメルンの笛吹き男”ですね。そういった裏のモチーフも感じてもらえれば。

――以前『ホラー通信』のインタビューで、「子どもって何を考えてるか分からないところが怖い」とおっしゃっていて。これもまさしく“可愛いけど怖い”ですよね。

清水:そうですね。世の中の人はみんな子ども時代を経てきてるわけだから、同じ目線に立ってあげたり、気持ちを汲んであげたりってことができるはずなのに、大人になるといつの間にかその目線を失っている。そして、自分もかつては子どもだったはずなのに、「子ども苦手~」とか言っちゃう大人もいる。なんだかそういう、同じ人間なのに不思議なポジションにいますよね。そしてすごく純粋無垢で、「どうしてお星様は手に取れないの?」「どうして月は僕を追いかけてくるの?」みたいな、大人はもう忘れている感受性を持っている。そういうところがたまらなく好きなんですよね。

1 2 3次のページ
レイナスの記事一覧をみる

記者:

デザイナーと記者の二足のわらじ。ふだんはホラー通信(http://horror2.jp/)で洋画ホラーの記事ばかり書いています。好きなバンドはビートルズ、好きな食べ物はラーメンと角煮、好きな怪人はガマボイラーです。

TwitterID: _reinus

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会