体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『22年目の告白―私が殺人犯です―』野村周平&石橋杏奈インタビュー「演じる僕らも衝撃のラストでした」

img_9071_f3

22年前の連続殺人事件の犯人・曾根崎雅人の「告白」が新たな事件を引き起こす……。藤原竜也さん、伊藤英明さんを筆頭に豪華キャストで描く衝撃の新感覚サスペンスエンターテインメント『22年目の告白―私が殺人犯です―』が大ヒット公開中です。

本作で、伊藤英明さん演じる牧村刑事の妹とその恋人を演じた、石橋杏奈さんと野村周平さん。記事ではネタバレとなる為書けないのですが、このお2人の役柄は作品にとって超重要な意味を持っているのです。インタビューでは「言えないことが多すぎますね(笑)」と笑いながらも、様々な質問に答えてくださいました!

img_9088_f3 img_9083_f3

―お2人には色々とお聞きしたいことがあるんですが、うっかりネタバレしちゃいそうで恐いです(笑)。

野村:そうなんですよ、ここの2人(野村さん&石橋さん)って話せることが少なすぎるんですよね。もう全部言っちゃおうかな(笑)。

石橋:(笑)。

―最初に脚本を読んだ時の感想はいかがですか?

石橋:ドキドキしながら一気に読みました。自分が出演させていただく作品なのに、良い意味で客観的に「どんな映画になるんだろう?」とすごく楽しみでした。この映画の元になった映画『殺人の告白』を観たのですが、そちらもすごい作品だったので。でもそれとはまた別のラストになっていて、色々な意味で衝撃でした。

野村:僕も『殺人の告白』を観て、「このカーチェイス日本でどう撮影するんだろう」って思ったんですね。すごくギリギリな撮影に見えたので。でも『22年目の告白-私が殺人犯です-』の脚本を読んだ時に、違うアプローチ、違うスリリングさになっていることにすごく驚きました。

―私も元になった映画を観ていたのですが、『22年目の告白-私が殺人犯です-』には本当に違う面白さがあって。ハラハラさ・ドキドキさは増していた様に感じました。それぞれの役柄をどの様に演じましたか?

石橋:私の役柄である里香は伊藤さん演じる牧村刑事の妹で、唯一の家族です。この作品は基本的にずっとスリルあるシーンの連続なのですが、里香と牧村刑事のシーンはその中で少しほっとする瞬間もあって。当たり前ですが、その時の里香はこれからどんなことが起こるのかを知らないので、脚本のことは一度忘れてというか意識しすぎずに演じようと思いました。

野村:僕が演じた拓巳はまっすぐで素直な好青年だったので、僕もあまり脚本や役作りを意識しすぎない様にしました。物語に大きく関わってくるキャラクターなので、良い意味で存在感を消すというか。そのままに演じようと思いました。あと、映画の中で阪神大震災の話が関連してくるのですが、僕は神戸出身で実際に家族と体験しているので、色々感慨深かったです。

石橋:そうだよね、野村君の関西弁すごく自然だった。というか出身だもんね。

野村:そうそう。そうやって実際に起こった事件が映画のストーリーに組み込まれているところも見どころですね。

―お2人は同世代の俳優さんですが「お互いのこんなところがすごいな」と思う所はありますか?

野村:石橋さんとは4年ほど前にドラマで共演させてもらっているんですが、その時は石橋さんに片思いしている役だったので、今回は両想いになれて良かったです(笑)。でも、石橋さんはずっと大人です。4年前に会った時も、今も。

1 2次のページ
藤本エリの記事一覧をみる

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。