ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
ワンダーウーマン

【書籍】本気で馬鹿馬鹿しいから笑える『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-06-26-21-33-23_f

先に言っておきます。誤解を恐れず言えば、この本、実にしょーもないです。かなりくだらなくて馬鹿馬鹿しいのですが、キッチリ徹底してやってます。畏敬の念すらおぼえます。

「全力で無駄なことをやりきる」ということに、久しぶりに出会えた感あるこの書籍のタイトルは『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』
なんとなく実用書っぽいタイトルこそ付いているものの、おそらく全く役に立ちません。

この本にはあらゆる作家、文化人の文体や口調をトレース、エミュレートした“カップ焼きそばの作り方”が書かれています。例をあげてみましょう。

もしも村上春樹がカップ焼きそばの容器にある「作り方」を書いたら。

きみがカップ焼きそばを作ろうとしている事実について、僕は何も興味を持っていないし、何かを言う権利もない。エレベーターの階数表示を眺めるように、ただ見ているだけだ。

             *

勝手に液体ソースとかやくを取り出せばいいし、容器にお湯を入れて五分待てばいい。その間、きみが何をしようが自由だ。少なくとも、何もしない時間がそこに存在している。好むと好まざるとにかかわらず。

             *
 
読みかけの本を開いてもいいし、買ったばかりのレコードを聞いてもいい。同居人の退屈な話に耳を傾けたっていい。それも悪くない選択だ。結局のところ、五分間待てばいいのだ。それ以上でもそれ以下でもない。

             *
 
ただ、一つだけ確実に言えることがある。

             *
 
完璧な湯切りは存在しない。完璧な絶望が存在しないようにね。

古くは『2ちゃんねる』や『はてなダイアリー』でも“爆発コピペ”として作家風の文体いじりが多数登場しました。「背後で爆発音がした」という文章を作家ごとにアレンジするのですが、その筆頭として登場するのが村上春樹氏であり村上龍氏でした。現在ではその“戯れ”が「カップ焼きそばの作り方」としてtwitter上で続いています。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-06-26-21-34-35_f

この本はそうした“戯れ”を1冊にまとめたものなのです。もうひと方、紹介してみましょう。

もしも太宰 治がカップ焼きそばの容器にある「作り方」を書いたら。

第一の手記
 申し上げます。申し上げます。私はお腹が空いてしまいました。このままでは得意のお道化芝居もままなりません。空腹に耐えかね、私は台所の戸棚を出鱈目に開けました。
 これは、ヘノチモン。
 これは、パビナール。
 これは、カルチモン。
 うわっはっは、と私は可笑しくなりました。これは真っ当な人間の生活ではありません。

第二の手記

 私は賭けに出て、最後の戸棚を開きました。カップ焼きそばがありました。
 カップ焼きそばは、まずお湯を入れなければいけません。私に立ちはだかったこの敢然たる事実は、私を湯の沸騰へと向かわせました。
 点線まで蓋を開け、かやくを振りかけて、お湯をかける。そうれ、俺ならできる。自分で自分を鼓舞しながら、私はお湯を注ぎ込みました。
 私に湯切りをする資格があるのでしょうか。きっと、あるのです。あるはずなのです。
「許してくれ」
 そう呟きながら、私はお湯を捨てました。

第三の手記
カップ焼きそば。

良い湯切りをしたあとで一杯のカップ焼きそばを啜る。
麺から立ち上がる湯気が顔に当たって
あったかいのさ。
どうにか、なる。

こんな感じです。ほかにも松本清張、沢木耕太郎、百田尚樹、糸井重里などなど、ひたすらこんな感じで続きます。その数、そろいもそろってなんと100人分。内訳はこちらです。

作家系:62人
評論家系:6人
ミュージシャン系:2人
文体が特徴的なもの:18種
その他(口調・画像パロディ):10種

ちなみにこの「画像パロディ」を手掛けているのは“イタコマンガ家”としても名高い(?)田中圭一先生。コンセプトが一貫しすぎています。

%e5%86%99%e7%9c%9f-2017-06-26-21-31-45_f

個人的に「本当ひどくて好き」だと思ったのは「池上彰のそうだったのか! 学べるカップ焼きそば」と「イケダハヤト まだカップ焼きそばで消耗しているの」、「[対談]村上龍 × 坂本龍一」「ヒカキン カップ焼きそばを食べたらすごかったw」あたり。怒られるんじゃないかって思います(笑)。

100パターンもあると、おそらく知っている文体にきっと出会うでしょう。出会って爆笑するか失笑するかはわかりませんが、あなたの日常に思わぬ潤いを与えてくれるような気がします。

『もし文豪たちがカップ焼きそばの作り方を書いたら』(宝島社)
神田桂一・菊池 良/著
定価:980円(税込)
発売:2017/6/7

オサダコウジの記事一覧をみる ▶

記者:

「予備校生のような出で立ち」で写真撮影、被写体(スチル・動画)、記者などできる限りなんでも、体張る系。 「防水グッズを持って水をかけられるのが好き」などの特殊な性質がある。 好きなもの: 食べ物の写真、昔ゲーム(の音)、手作りアニメ、昭和、穀物

TwitterID: wosa

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。