ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

【レビュー】1800%超えの反響!集中力アップと安眠が得られる音のカーテンで最高の環境作りを

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
LectroFan micro-1

突然ですが、集中できる環境と気が散ってしまう環境ってありますよね。

例えば、シーンとした家で作業をするより、少しノイズがあるカフェで作業をしたほうが集中できる…とか。

また、シーンとした家の中ではなかなか寝付けないけれど、外の雑音やエンジン音が聞こえるはずの車の中ではよく眠れる。そんな経験はないでしょうか?

「LectroFan micro」は、そんな集中したりリラックスできる音、“ホワイトノイズ”を発生させられるスピーカーです。LectroFanシリーズは、リラックスや安眠の効果の高さから、全米で圧倒的な人気のシリーズとのこと。

そんなLectroFan microをクラウドファンディングのMakuake(マクアケ)さんからサンプルで貸して頂いたのでご紹介します。

※この原稿はLectroFan microを使いながら書いています。

・雑音が消える不思議

LectroFan micro-3

ボクは住んでいる場所は住宅街とはいえ、家を挟んで向こうはそこそこ車通りが多い道路です。なので、日常的に車が通る音は常に聞こえている感じなんですね。

でも、LectroFan microからホワイトノイズを鳴らすと、一気に音が気にならなくなります。今自宅の仕事部屋で使っているのですが、部屋を出たら違いがよくわかります。ビックリ。

自分の近くに置かなくても、窓際など音がする場所に置くことで、音が遮られるのがすごい。そしてドアを閉めると部屋全体がバリアのようにホワイトノイズが張り巡らされるので、中の音が聞こえません。

ホワイトノイズは10種類あり、音量も自由に変えられるので好みの音(ザーとかサーですが、好みは分かれるはず)で集中できます。

・コンパクトでどこにでも持ち運べる大きさ

LectroFan micro-2

また驚きなのはその小ささ。手のひらサイズで、持ち運び時にスピーカーを上向きにすれば、ちょっとした美容のクリームほどの大きさです。とても小さくて持ち運びがしやすいので、仕事机やベッドサイドはもちろんのこと、ちょっとしたお出かけや出張時などの泊まりにも持っていけます。

出張時はベッドや環境が変わるので、睡眠が浅くなってしまう方もいらっしゃると思いますが、“音”という環境をどこでも再現できるのはかなり嬉しい要素と感じました。いつでもどこでも、落ち着けるホワイトサウンドで。

・音楽だと気を取られちゃう人は最高かと

集中する際に音楽を聴くことが多いのですが、なんだかんだ集中できない事が多々あります。歌っちゃったり。ノリノリになったり。ホワイトノイズなら音楽に意識を持っていかれる心配が無いのが良いですね。

LectroFan microは、現在クラウドファンディングのMakuakeで出資を募っていて、すでに1800%を超える支援が集まり製品化が決まっています。気になる価格はMakuake割で22%オフの6780円です。

集中と安眠を手に入れたい方はチェックしてみてください。

「音のカーテン」で至福の安眠環境を。『LectroFan micro』 日本上陸 | クラウドファンディング – Makuake(マクアケ)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。