ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

『映画ドラえもん』シリーズ38作目のタイトルが決定 『のび太の宝島』2018年3月に公開

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
%e6%98%a0%e7%94%bb%e3%83%89%e3%83%a9%e3%81%88%e3%82%82%e3%82%93-%e3%81%ae%e3%81%b3%e5%a4%aa%e3%81%ae%e5%ae%9d%e5%b3%b6_%e3%82%a4%e3%83%a1%e3%83%bc%e3%82%b8%e7%94%bb

映画第1作目が公開された1980年から38作目を迎える『映画ドラえもん』シリーズ。

今年3月に公開された『映画ドラえもん のび太の南極カチコチ大冒険』は老若男女幅広く支持され、シリーズ37作目にして新シリーズ最高興行収入の記録を更新中。『映画ドラえもん』シリーズの人気は、春休み一番のファミリー映画として金字塔を打ち立てている模様。新シリーズ……現声優陣で制作された、2006年公開『映画ドラえもん のび太の恐竜2006』から現在までの『映画ドラえもん』シリーズ。そしてこの度、更なる期待が高まるなか、38作目のタイトルが決定!

タイトル名は『映画ドラえもん のび太の宝島』。2018年3月に公開予定。

本作を手がけるのは、TVアニメ『ドラえもん』の演出を数多く手がけ、今作で初の映画シリーズの監督を務める今井一暁さん。そして脚本は、『君の名は。』『バケモノの子』など映画プロデューサーのみならず、『世界から猫が消えたなら』『四月になれば彼女は』など小説家としても活躍している川村元気さんが担当する。

前作の舞台となった南極とはまた違った大自然が舞台となる本作。同時に解禁されたイメージ画では、ドラえもんたちの眼前に光り輝く大海や、どこまでも広がる青い空と白い雲が印象的。

なにやら海賊船も見えるなかでドラえもん・のび太・しずか・ジャイアン・スネ夫は夢と希望に満ち溢れた笑顔で、訪れる冒険を待ち侘びているようだ。大海原を駆け巡るドラえもんたちに訪れる大冒険は一体……?

来年3月の公開まで目が離せないぞ!

監督・今井一暁さんコメント:「『宝島』———原作者スティーヴンソンが子どもたちに話して聞かせたこの物語は、国も時代も超えて世界中の人をワクワクさせ続けてきました。果てしなく広がる水平線の向こうに一体何があるのか?
しかし今、地球は子どもたちの手のひらの中で、くるくるとスクロールし寄ったり引いたり思いのまま。『宝島』の魔法はもうすっかり消えてしまったのか?
いや、形を変えて今も存在しているはず。2018年3月、どこかにある宝島を、ドラえもんとのび太くんたちと一緒に探しに来てください。」

脚本・川村元気さんコメント:「一番尊敬する作家は誰ですか? そう問われた時に必ず、藤子・F・不二雄先生ですと答えていました。大人も子どもも楽しめる物語のなかに、簡潔に科学や哲学が盛り込まれていて、笑ったり泣いたりしているうちに、心の中に深く刻まれている。そんな「すこしふしぎ」な世界にずっと憧れていました。『君の名は。』のような映画を作る時も、『世界から猫が消えたなら』のような小説を書く時も、いつも指標としていたのがF先生の世界でした。
今回、藤子プロさんからオファーを頂き『映画ドラえもん』の脚本を書くにあたり、まず21世紀の子どもたち、そしてかつて子どもだった大人たちへ、新しくも王道のドラえもんを届けたいと思いました。そこでモチーフとしたのが『宝島』でした。ずっと読み継がれ、語り継がれてきた冒険物語をドラえもんの世界で描く。そして太平洋に誕生した“新しい島”のニュースがそれに結びついた時に、ひとつの物語が浮かびました。
『のび太の宝島』という“恐竜”以来の短いタイトルですが、そこに鮮烈かつ王道の物語を詰め込んだつもりです。いま、最強のスタッフが集結して映画が生まれつつあります。来年春に誕生する「新たな宝島」に、ご期待いただけると幸いです。」

公式サイト

http://doraeiga.com/2018

作品概要

■公開時期:2018年3月公開
■タイトル:「映画ドラえもん のび太の宝島」
■原作:藤子・F・不二雄
■監督:今井一暁
■脚本:川村元気
■CAST:ドラえもん:水田わさび のび太:大原めぐみ
しずか:かかずゆみ ジャイアン:木村昴 スネ夫:関智一

<監督・今井一暁さんプロフィール>
1976年東京生まれ。マッドハウスに入社し、『かいけつゾロリ』などの作品に原画で多数参加。初コンテがテレビアニメの「ドラえもん」。初監督作品が川崎市 藤子・F・不二雄ミュージアムで上映された『21エモン』と、藤子F作品と馴染みが深い。劇場公開アニメ『パロルのみらい島』(アニメミライ2014)にて監督をつとめ、今作は劇場公開作品としては2作品目の監督作となる。
主な作品としては、『ドラえもん』(絵コンテ、演出 2005~)、『ポルフィの長い旅』(作画監督、キャラクター補佐 2008)、『戦場のヴァルキュリア』(演出、作画監督補佐 2009)、『君に届け2ND SEASON』(演出、原画 2011)、『21エモン&ドラえもん ようこそ!ホテルつづれ屋へ』(監督 2012)、『パロルのみらい島』(監督 2014)、『少年ハリウッド』(絵コンテ、演出、原画 2014~2015)、『劇場版 弱虫ペダル』(パート演出2015)がある。

<脚本・川村元気さんプロフィール>
1979年横浜生まれ。『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『バクマン。』『君の名は。』『怒り』などの映画を製作。2010年、米The Hollywood Reporter誌の「Next Generation Asia」に選出され、翌2011年には優れた映画製作者に贈られる「藤本賞」を史上最年少で受賞。2012年に初小説『世界から猫が消えたなら』を発表し、同作は130万部突破の大ベストセラーとなった。2013年には絵本『ティニーふうせんいぬのものがたり』を発表し、同作はNHKでアニメ化されたのち映画化。その後、絵本『ムーム』を発表。同作はピクサーのアートディレクターとして数々の作品を手掛けたRobert Kondo&Dice Tsutsumi監督によりアニメ映画化され、全世界で32を超える映画賞を受賞した。その他の著書として小説『億男』『四月になれば彼女は』、対話集『仕事。』『理系に学ぶ。』『超企画会議』など。

(c)藤子プロ・小学館・テレビ朝日・シンエイ・ADK 2018

erini (エリーニ)の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信のナカノヒト。食べ合わせを研究しています。 好きなもの:ダンス全般と漫画。 特技:漫画の早読み。 好きな動物:ハリネズミ。 好物:焼き鳥とナッツ。

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/eri

TwitterID: erini_desu

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。